Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOS/Androidのテキスト読み上げ (TTS: Text To Speech) をUnityで試せるサンプルを作りました

More than 3 years have passed since last update.

image.png

自分のUnityで作っているアプリでText To Speech(TTS)を使う機会があったので他の開発者が使うときも参考にできるように上記の簡単なサンプルアプリをGithubにFreeTTSForUnityとしてpushしておきました。iOSとAndroidで使えます。

既存のUnity Asset Storeにあるものはほとんどが有料だったり、読み上げ後のイベントが設定できなかったりして使いにくかったので自分で作りました。

画面の説明

画面に①〜⑦の番号をふっておきましたので各々説明します。

  1. 読み上げを行うテキストが入っています(内部的には、スペースで区切ると、区切られた言葉ごとにイベントを発行し、順次読み上げていきます)
  2. 読み上げのスピードを調整します。iOSは0.5, Androidは1とか1.3とかがよさそうですが、実際に聞いてみて調節してください
  3. 読み上げの声の高さを調節します
  4. 読み上げの言語を設定します。⑤のChoose Languageボタンを押したあとにBCP 47の文字列で、言語がアルファベット順に出てくるのですきなのを選択します。①のテキスト言語と違っていると発音されないときもあります
  5. ④の説明を参照
  6. 読み上げを開始します
  7. 読み上げを終了します

ソースコードを変更したくなったとき

iOSの場合

ここを直接いじるといいかなと思います。

Androidの場合

まずここをAndroidStudioで開きます。
以下あたりのファイルを編集して変更し、gradleのexportAarというタスクを実行するとAssets/Plugins/Android/freetts.plugin-release.aarにパッケージが配置されるようになっています。

image.png

exportAarは以下をダブルクリックすると実行できます。

image.png

まとめ

UnityでTTSがつかえるサンプルをつくりました。TTSの実装でこまったら活用してみてください

wapa5pow
サーバサイドのエンジニアです。 機械学習とかも興味あります。
https://wapa5pow.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away