Posted at

AWS cloud9でjekyll開発


目的


  • github.ioの編集をすべてクラウドサービスで賄いたい

  • cloud9が昔使って良い感じだったのでもう一度使いたい

  • リハビリ


手順

すでに会員登録などは済ませている状態から。

[参考]高機能のクラウドIDE,AWS Cloud9の登録方法を丁寧に解説! | ロボット・IT雑食日記


githubリポジトリからクローン

さすがにgitはインストール済みだった。


git clone git@github.com:user/user.github.io.git



jekyll インストール


cd user.github.io

gem install jekyll



※色々足りない物をインストール


gem install bundler

gem install concurrent-ruby



RUN してみる



  1. Open the “Run” menu.

  2. Open the “Run Configurations” submenu.

  3. Click the “New Run Configuration” menu item. A new tab will open.

  4. Type “Jekyll” in the “Run Config Name” field.

  5. Type jekyll serve --host \$IP --port $PORT --config _config.yml,_local_config.yml in the “Command” field. The “Runner” should change to “Shell command” automatically.

  6. Click the “CWD” button and choose the root folder of the Jekyll blog.

  7. Click the “Run” button to build and serve the blog.


2019-01-09 11 18 03.png

こんな感じ

正常に動いていればプレビュー画面が開いて

レイアウト確認ができます。


あとがき

これで出先で見やすい画面でGithub pagesの編集が出来るようになりました。

自宅以外でも作業が出来るのは大きいアドバンテージだと思ってます。