search
LoginSignup
0

posted at

Tidal Cycles環境構築メモ 2022.4( Windows11 + VSCode )

概要

ライブコーディング環境『Tidal Cycles』を導入した。そのメモ。

主に参考にしたページ

誰向けか

Windows x VSCodeでTidal Cycles環境を構築したい人

環境

項目名 内容
OS Windows11
Editor Visual Studio Code

Super Colliderインストール

exeをダウンロードしてインストール。インストールパスもデフォルトのまま。
今回はバージョンは3.12.12だった。

sc3-plugin導入

sc3-plugins-[version]-Windows-64bit-VS.zipをDLした。

これを解凍したものを、SuperColliderの拡張ディレクトリに入れることで導入できる。

拡張ディレクトリはSuperColliderを起動し下記コードを入力後、Ctrl+Enterで右の出力にSuperColliderの拡張ディレクトリのパスが表示されるので、それで確認できる。

Super Collider上
Platform.userExtensionDir

Git導入(入れてない人は)

次のSuperDirtをインストールする際、QuarksというSuper Colliderのパッケージマネージャを用いる。これはGitがないと動かない。上のURLからDLできる。

SuperDirt導入

Tidal Cyclesで使用できる音源。
SuperDirtで以下のコードを入力することで導入できる。

Super Collider上
Quarks.checkForUpdates();
Quarks.install("https://github.com/musikinformatik/SuperDirt.git");

インストールできているかの確認

Super Collider上
Quarks.folder

で表示されたパス(Quarksでインストールしたものが入っている)にSuperDirtがあればOK。

Quarks.installedを使用しても見れるが、ちゃんとインストールできていなくてもSuperDirtが表示されていることが原因で少し困ったので、上記の方法がおすすめです。

尚、参考記事に従いv1.0をインストールしたところエラーは吐かないが音が鳴らないという、最悪な状況になった。↓

Stackインストール

Haskellのライブラリマネージャ。上記ベージからstack-[version]-windows-x86_64-installer.exeをDLし、実行。

今回は2.7.5をインストールした。

Tidal Cycles導入

powershell
chcp 65001 # 文字コードをutf-8に変換。やらないと途中でエラーを吐きました
stack install tidal

VSCodeの設定

TidalCycles for VSCodeを導入

image.png

設定のUse Stack Ghciにチェック

VSCodeの設定(Ctrl+,)で開くやつで上記項目を探しチェックを入れることで、stackで導入したTidalを使用することができる。

image.png

シンタックスハイライトの設定

  • Haskell Syntax Highlightingを導入

image.png

  • tidalファイルをHaskellと紐づける

VSCodeのsetting.jsonを開き、以下を追加。

setting.json
"files.associations": {
    "*.tidal": "haskell"
}

音を鳴らしてみる

Super Collider上
include("SuperDirt")
SuperDirt.start

Super Colliderの出力に次のように出ていればSuper Dirtが起動できている。

Super Colliderの出力

218 existing sample banks:
.git (0) 808 (6) 808bd (25) 808cy (25) 808hc (5) 808ht (5) 808lc (5) 808lt (5) 808mc (5) 808mt (5) 808oh (5) 808sd (25) 909 (1) ab (12) ade (10) ades2 (9) ades3 (7) ades4 (6) alex (2) alphabet (26) amencutup (32) armora (7) arp (2) arpy (11) auto (11) baa (7) baa2 (7) bass (4) bass0 (3) bass1 (30) bass2 (5) bass3 (11) bassdm (24) bassfoo (3) battles (2) bd (24) bend (4) bev (2) bin (2) birds (10) birds3 (19) bleep (13) blip (2) blue (2) bottle (13) breaks125 (2) breaks152 (1) breaks157 (1) breaks165 (1) breath (1) bubble (8) can (14) casio (3) cb (1) cc (6) chin (4) circus (3) clak (2) click (4) clubkick (5) co (4) coins (1) control (2) cosmicg (15) cp (2) cr (6) crow (4) d (4) db (13) diphone (38) diphone2 (12) dist (16) dork2 (4) dorkbot (2) dr (42) dr2 (6) dr55 (4) drum (6) drumtraks (13) dr_few (8) e (8) east (9) electro1 (13) em2 (6) erk (1) f (1) feel (7) feelfx (8) fest (1) fire (1) flick (17) fm (17) foo (27) future (17) gab (10) gabba (4) gabbaloud (4) gabbalouder (4) glasstap (3) glitch (8) glitch2 (8) gretsch (24) gtr (3) h (7) hand (17) hardcore (12) hardkick (6) haw (6) hc (6) hh (13) hh27 (13) hit (6) hmm (1) ho (6) hoover (6) house (8) ht (16) if (5) ifdrums (3) incoming (8) industrial (32) insect (3) invaders (18) jazz (8) jungbass (20) jungle (13) juno (12) jvbass (13) kicklinn (1) koy (2) kurt (7) latibro (8) led (1) less (4) lighter (33) linnhats (6) lt (16) made (7) made2 (1) mash (2) mash2 (4) metal (10) miniyeah (4) monsterb (6) moog (7) mouth (15) mp3 (4) msg (9) mt (16) mute (28) newnotes (15) noise (1) noise2 (8) notes (15) numbers (9) oc (4) odx (15) off (1) outdoor (6) pad (3) padlong (1) pebbles (1) perc (6) peri (15) pluck (17) popkick (10) print (11) proc (2) procshort (8) psr (30) rave (8) rave2 (4) ravemono (2) realclaps (4) reverbkick (1) rm (2) rs (1) sax (22) sd (2) seawolf (3) sequential (8) sf (18) sheffield (1) short (5) sid (12) sine (6) sitar (8) sn (52) space (18) speakspell (12) speech (7) speechless (10) speedupdown (9) stab (23) stomp (10) subroc3d (11) sugar (2) sundance (6) tabla (26) tabla2 (46) tablex (3) tacscan (22) tech (13) techno (7) tink (5) tok (4) toys (13) trump (11) ul (10) ulgab (5) uxay (3) v (6) voodoo (5) wind (10) wobble (1) world (3) xmas (1) yeah (31) 
... file reading complete. Required 444 MB of memory.

SuperDirt: listening to Tidal on port 57120

VSCodeで任意の名前.tidalを作成し、次を入力し、その上でCtrl+Enter

test.tidal
d1 $ s "bd cp"

正常に動作していれば、次のような出力が出て、バスドラムとクラップが鳴る。

VSCodeのOUTPUT
GHCi, version 9.0.2: https://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loaded GHCi configuration from C:\Users\[my_name]\AppData\Local\Temp\haskell-stack-ghci\2a3bbd58\ghci-script
ghci> ghci> [TidalCycles version 1.7.10]
Installed in C:\sr\snapshots\4735ed14\share\x86_64-windows-ghc-9.0.2\tidal-1.7.10
Listening for external controls on 127.0.0.1:6010
Connected to SuperDirt.
tidal> tidal> 

音を停止したいとき次を入力し、その上でCtrl+Enter

test.tidal
hush

雑感

正直Windowsでやりたくないが、音源の追加等ができるらしく、DTM用のPC(Win)に導入した。
Windowsでの環境構築、昔よりはましな気がするが、やっぱり体験としては最悪だ......

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0