Git
command

Gitコマンドの備忘録

commit

  • git commit
    • コミット
  • git commit -m "[commit_message]"
    • コミットメッセージを指定してコミット
  • git commit -a
    • 追跡中のファイルの変更を全てコミット
  • git commit --allow-empty
    • 空のコミット

push

  • git push
    • ローカルのブランチの情報をリモートに反映(事前に設定が必要)
  • git push origin [local_branch]
    • ローカルのブランチの情報をリモートに反映
  • git push -u origin [local_branch]
    • 次回以降のためにローカルとリモートのブランチの紐付けを行い、ローカルのブランチの情報をリモートに反映
  • git push --delete origin [remote_branch]
    • リモートに存在するブランチを削除

pull

  • git pull
    • リモートのブランチの情報を取得してマージ

fetch

  • git fetch
    • リモートのブランチの情報を取得

merge

  • git merge
    • リモートのブランチをローカルにマージ
  • git merge [other_branch]
    • 他のブランチを現在のブランチにマージ
  • git merge --squash [other_branch]
    • 他のブランチの変更を一つにまとめて現在のブランチにマージ

checkout

  • git checkout [local_branch]
    • ローカルに存在するブランチにチェックアウト
  • git checkout -b [local_branch] origin/[remote_branch]
    • リモートに存在するブランチをローカルに新規作成してチェックアウト
  • git checkout -b [local_branch-2] [local_branch-1]
    • ブランチ1をブランチ2として新規作成してチェックアウト

branch

  • git branch
    • ローカルに存在するブランチを表示
  • git branch -a
    • ローカルとリモートに存在するブランチを表示
  • git branch --color
    • ブランチを色を付けて表示
  • git branch -D [local_branch]
    • ローカルに存在するブランチの削除

reset

  • git reset --soft HEAD^
    • ファイルの内容はそのまま、直前のコミットを取り消す
  • git reset --hard HEAD^
    • ファイルの内容も含めて、直前のコミットを取り消す

追記

コマンドの追加

作業フォルダ内に、.gitという隠しフォルダがあると思います。
このフォルダの中に、configというファイルがあります。
このファイルが、その名の通り設定ファイルです。
このファイル内に、[alias]と書いて、その後にgitの後に続くコマンドを書けば、そのコマンドを使うことができるようになります。

[alias]
  graph = log --graph --date-order -C -M --pretty=format:\"<%h> %ad [%an] %Cgreen%d%Creset %s\" --all --date=short

因みに、上のはgitのツリー構造を表示するためのコマンドです。

devの変更をmasterに反映

git checkout master
git merge --squash dev
git commit -m "[commit_message]"
git push

masterブランチに コミットの数を増やしたくない場合 はこう?
まぁ、普通は別ブランチにダウンロード用のものを作成して行うかな?
その場合は、master[download_branch]に変更!
けど、これだとgitのツリー構造が繋がってくれないんだよなー。
誰かツリー構造が繋がってくれる、もっと良い方法を教えてください!