Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google Colaboratoryでファイルをアップロードする方法が簡単になった!

More than 1 year has passed since last update.

いままでGoogleColaboratoryで以下の2行のコードを使って
ローカルに保存されているファイルをアップロードしていました

from google.colab import files
files.upload()

この2行、結構忘れることが多くちょっと不便だなぁと思っていましたがこれが解消されました!

こちらのツイートいわく、GoogleColaboratoryにファイルブラウザ追加されたとのことで
早速、GoogleColaboratoryのどこが変わったのかを見に行ってみました!

GoogleColaboratoryを開いて赤丸の部分を押すと

今までMarkdown用の目次表示とコードスニペット記述しかなかった項目に
ファイルブラウザ用の項目が追加されています。また、デフォルトでサンプルデータが置かれるようになったみたいです。

今まで通り、アップロード用のコードを記述してファイルをアップロードしてみます。
lsコマンドで確認した結果とファイルブラウザの表示が一致していることがわかります。

次にアップロードボタンを試してみます。

いつもの2行コードと同じ振る舞いをすることがわかりました。あとはアップロードしたいファイルを選んでアップロードするだけです。

今後、ローカルのファイルをアップロードするだけの用途であれば上記手順でこなせるので、いつもの2行のコードは必要なくなるかもしれませんね。これはありがたいです。

さらに使いやすく進化してるGoogleColaboratory、皆様も使ってみてはいかがでしょうか。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした