Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel windowsPCにインストールするにあたって躓いた点

概要

どうも。初めまして東京へ越してきたばかりのwakakenといいます。

今回はお世話になっているプログラミングスクールさんの教材を基にマイPCにlaravelをインストールし、環境構築を行ったときに躓いたところを紹介します。

・Larabelのインストール

PCのスペック

プロセッサ: Core(TM)i3-7100U
メモリ: 8.00G
システムの種類:64ビットOS

PCは5年くらい前に買ったWindowsPCです。

Larabelのインストール 躓きその1 ~composerのPATH設定~

Larabelのインストールをするにあたって参考にしたサイトは以下のサイトです
https://reffect.co.jp/laravel/windows-xampp-laravel-install

手順については特に説明しないので、もし気になった方は上記のサイトを参照してください。

laravelは通常webサイトからのダウンロードなどでインストールを行いません。
「composer」と呼ばれるバージョン管理ソフトを用いてインストールを行うことになります。

composerを用いる際php.exeへのPATHを通す必要があるのですがこの意味が分からずいくつものサイトを調べる羽目になりました。

調べた結果phpはサーバーサイド言語ということでサーバー上でしか起動せず、そのためにはサーバーへのPATHを通しておくことが必須とのことでした。

ただ、新しくLarabelをインストールするためにこのphp.exeへのPATHを通すために自分のPC上にて環境設定とやらを行う必要があるとのこと。

なんやかんや調べたところ以下の手順でPATHを通すことができました!

「スタートメニュー」右クリック

「システム」をクリック

バージョン情報の下の方にある「システム情報」クリック

開いたシステム情報の左側にある「システムの詳細設定」をクリック

開いたシステムのプロパティから「環境変数」をクリック

開いた画面からユーザー環境変数の変数欄に「PATH」があることを確認

ある場合は「編集」、なければ「新規」をクリック

変数名:PATH
変数値:C:\xampp\php(ディレクトリの保存場所はユーザーごとに任意で修正してください。php.exeがあるフォルダの直前までを参照します)

「OK」を押して登録完了

やっちまったこと(注意点)

自分の場合すでにPATHが通っていたのですが
再度設定しなおそうと一から設定しなおそうとしたら
PATHを誤って削除してしまうという…

PHPだけでなくそのほかのPATHも設定されていたのですが、
まとめて削除してしまいその後の対応にまた追われてしまいました。
PATHを編集する場合はくれぐれも削除はせず追記するのみすることをお勧めします。

続きは

現在作成途中の為しばらくお待ちください

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away