Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubが無料でプライベートリポジトリを無制限に作れるようになったぞ☆

More than 1 year has passed since last update.

GitHubが無料でプライベートリポジトリを無制限に作れるようになったぞ:grin:
ありがとうMicrosoft:v:

ニュース記事

https://blog.github.com/2019-01-07-new-year-new-github/

今までプライベートリポジトリは無料プランでは作成できなかったが
誰でも無制限に作れるようになりました

無料プランの制限(有料プランとの違い)ヘルプ記事

https://help.github.com/articles/github-s-billing-plans/#billing-plans-for-personal-accounts
・共同編集者は3人まで
・GitHub Pagesの使用不可
・wikiの使用不可
・Protected branchesの使用不可
・オーナー権限の使用不可
・リポジトリインサイトグラフの使用不可

逆に言えばこれ以外は使えるので
個人で開発する分にはまぁ困らないです:ok_hand:
公開するつもりがないならPrivateにしておくのが安全だと思います1

GitHubプライベートリポジトリの作り方

ここから https://github.com/new
Privateをチェックするだけ
image.png

GitHub既存のパブリックリポジトリをプライベートリポジトリにする方法

Settingsに行って

image.png

Danger ZoneにあるMake privateボタンをクリック

image.png

テキストボックスにプライベートにしたいリポジトリの名前を書く

image.png
注意書きにあるようにwikiなどがあればそれは消されてしまいます

I understand, make this repository privateボタンで完了

image.png
wikiなどの機能に制限が付いていますね

おまけGitLabからGitHubへ移行しよう

確認して

git remote -v
origin https://gitlab.com/~~~~~~~~~~~

下記を実行でOK:thumbsup_tone1::thumbsup_tone1::thumbsup_tone1:

git remote set-url origin https://github.com/~~~~~~~~~~~
wagase
誰ひとりきみの代わりはいないけど上位互換が出回っている。 Twitterフォローされると喜びます。
https://twitter.com/wagase
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした