0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Android Studio環境構築(4)SDKマネージャ

はじめに

Androidアプリの開発のために、Android Studioの環境構築をします。
この記事で取り扱う環境は、Windows10です。

真新しい情報ではありません。体系立てて理解を整理するために、自分が理解しやすい枠組みでまとめるものです。

ひとつ前

ひとつ先

SDKマネージャ

1.SDKマネージャの実行

1.1.SDKマネージャの起動

Android Studioにようこそ画面から、「その他のアクション」>「SDKマネージャ」を選択します。

image.png

image.png

1.2.SDKプラットフォームの確認

設定を確認しておく。必要になったら別バージョンのSDKを追加します。
image.png

2022年5月3日時点の最新バージョンのデフォルトでは、

  • Android API 32

のみにチェックが入っているようです。

1.3.SDKツールの確認

設定を確認しておく。必要になったらツールを追加します。

image.png

さらに、ビルドツールの詳細はこうなっているようです。
image.png

2022年5月3日時点の最新バージョンのデフォルトでは、

  • Android SDK Build-Toolsの一部
    • 32.1.0-rc1
    • 32.0.0
  • Android Emulator
  • Android SDK Platform-Tools
  • Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)

にチェックが入っていますね。

2.SDKマネージャの再実行(SDKプラットフォームの追加)

「ツール」からも起動できます。
image.png

2.1.SDKプラットフォームの追加

以下を追加します。チェックボックスをチェックして「適用(A)」を押下します。

  • Android 11.0(R)
    image.png

2.2.変更の確認

使用されるディスクサイズを確認し「OK」を押下します。
image.png

2.3.コンポーネントのインストール

完了まで待機します。
image.png

2.4.コンポーネントのインストール完了

「完了(F)」を押下します。
image.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?