This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Improve article
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

スクラッチで資格を取ろう!プログラミングレッスン vol. 3

目次

  1. はじめに
  2. レッスン③
  3. ヒント
  4. 答え
  5. まとめ

1. はじめに

Scratchでゲームを作りながら、プログラミングの概念を勉強しましょう!
当レッスンをvol.5まで進めることで、「プログラミング能力検定」レベル1の出題範囲を半分まで理解できます。
第一回から始めたい方はこちら

では、Scratchを開いてレッスンvol.3を始めましょう!

2. レッスン③

レッスン③の目標

Scratchで、

  • もし~なら
  • 大きさをかえる
  • もし~に触れたなら

がプログラミングできるようになる。


まだScratchを開いていない方はここをクリックして、Scratchを開いてみましょう。

Scratchを開いたら、上部にある「作る」をクリックすると、ブロックを並べてプログラムを作ることができます。
「作る」説明.png

プログラムを作るページは開けたでしょうか?
それでは早速、Scratchを使って問題を解いていきましょう。
最初のうちは、ヒント答えを見ながらやってみてくださいね!

ハートの大きさを変えてみよう!

「ふー、なんとかルームメイトから金魚を助けたぞ」
ピンポーン!
ガールフレンドのGigaちゃんが遊びにきました。なんとか間に合いました。
「いらっしゃい、Gigaちゃん!」
Gigaちゃんに、スクラッチキャットの愛を届けよう。

image.png
動きの見本を見たい場合は、ここをクリックし、緑のはたを押してください

作成するプログラムの内容

  • ステージ
    Hearts
  • アイテム(動きのないスプライト)

    • Giga
    • ScratchCat(スクラッチキャット)
  • 登場人物(動きのあるスプライト)

スプライト 動き
Heart(ハート) 旗をクリックすると、
ずっと、
マウスへ行く。
もしGigaに触れたなら、大きさが1ずつ大きくなる。
もし、スクラッチキャットに触れたなら、大きさが50%になる。

3. ヒント


クリックして開く

「もし~なら」の使い方

「もし~なら」と、条件を指定できるブロックはこのように使います。
image.png
このブロックで囲まれた内容を実行する条件は、「もし」と「なら」の間にブロックを入れて指定します。
今回の場合は、何かに「触れたかどうか調べる」ブロックを入れます。

大きさを見れる場所

大きさはここに表示されます。100%の大きさは100です。
image.png
100%の大きさは100で表され、その値を変えれば大きさが変わります。

重要なブロック

image.png 指定された条件の時に、これで囲んだブロックが動く
image.png この場合、「Giga」に触れたかどうか調べる
image.png この場合、「スクラッチキャット」に触れたかどうか調べる 
image.png この場合、大きさを「1」ずつ変える
image.png この場合、大きさを「50」%にする

4. 答え


クリックして開く

答えのページで、画面右上の「中を見る」をクリックするとコードを見ることができます。

スプライト コード
image.png image.png

5. まとめ

スクラッチキャットの想いを届けるプログラムを作ることができたでしょうか?
このレッスンは、Scratchで下記の項目をプログラミングできるかどうかの確認問題でした。

  • もし~なら
  • 大きさをかえる
  • もし~に触れたなら

これは、プログラム能力検定のレベル1の出題範囲です。

第一回を確認したい方はこちらをクリックしてください。

それでは次のレッスンでお待ちしています!

※Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.edu から自由に入手できます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away