Help us understand the problem. What is going on with this article?

(レポート)Scrum Fest Osaka 2020 Day1

Scrum Fest Osaka 2020は、6/26-27に開催された、オンラインでの大規模カンファレンスです。

この記事では、1日目の16:30~で行われたイベントの導入と、基調講演に関するふりかえりです。
今回、NRI asleadのチームメンバー3人全員で参加しています!

Togetterまとめ

2020/06/26 Scrum Fest Osaka 2020 Day1 Togetterまとめ(前説~導入LT~Keynote~トラック説明LT~ネットワーキング)#scrumosaka を更新しました

16:30~ 前説&導入LT

オンラインイベントで見たことないレベルの大規模かつ丁寧な使い方の説明。

  • Zoomウェビナーについて
    • 手を上げる
    • コメント方法
  • Discordについて
    • チャンネルの移動。みんなでダナンに移動
    • チャットについて
    • Zoomはon, Discordはmute
  • スクショの禁止・録画の禁止(なかなか見ない)
  • イベントのあるきかたの説明

徳冨さん&Akiさんの「ミルクボーイのスクラム解説」が面白すぎた。

17:00~ スポンサーLT

  • ギルドワークス/中村洋さん
  • RSGT実行委員会/細澤あゆみさん
    • keynoteはなんとZuzi & 野中先生。これは行くっきゃない!
      • チケット買っておいてよかった
    • 今日からスポンサー募集を開始します
      • 速攻で埋まりそう

全国のスポンサー・コミュニティを巻き込んで、これだけのトラック数が行われるオンラインカンファレンスが出来あがっているのが凄い。

17:15~ Keynote: 今あえてのスクラム/Miho Nagase

今あえてのスクラム

  • Zoomの背景でプレゼンは面白い発想
  • wikipediaのページが充実してくる
    • 自分では更新してないんだけど… 
    • まぁまぁ正しい情報ww
  • 挑戦に意味がなかったことはなかった
    • 苦手にちょっとした「うっ」は成長のチャンス
  • 尾藤タケシメソッド
    • 追い詰められたときに、「あの人だったら」と思ってその人を演じて乗り越えることを勝手にそう呼んでいる
  • アジャイルをやると、先が見えない不安・見通しが手元しか見えなかったり、ふわふわしたり、ということに慣れているはず
    • Dave Thomas曰く「経験を活かしてどう反応するかがアジリティなんだ」
    • たまに「うっ」って思う環境に飛び込まなければ
    • 乗り越えることは筋トレと同じ
  • クネビンフレームワーク
    • 意思決定のための問題ドメイン分類
      • 複雑、煩雑、カオス、シンプル、(ディスオーダー)
      • シンプル+煩雑=秩序系
      • 複雑+カオス=非秩序系 ← アジャイルの得意分野
    • スクラムとは何か?
      • アジャイルマニュフェストを思い出そう
      • プロセスやツールより、と言っているのにみんなプロセスの話をする
    • 正しい計画を前提として進める:予見的プロセス
    • 経験したことをもとに計画を見直す:経験的プロセス
      • スクラムは経験的プロセス。スクラムが得意とするのは非秩序系
  • 染みついた予見的な価値観で動きすぎてないか?
  • 安全の範囲が狭すぎないか?チャレンジしていないだけでは?
    • Controlled Chaos:安全に失敗できるようにする
  • ふりかえりで「プロブレムに対するトライ」と言ってるのが多い
    • そんな難しいことばかり起きてるのか?
    • 「発言が減ってるので朝あいさつしましょう」みたいな簡単なことはすぐやればいい
    • Tryにしないで今やれ
  • わけのわからないものをぶっこむ(刺激になるかどうかも分からないもの)
    • 刺激になるには違いない、みたいなところをやってみる
    • 刺激になりそうな人とペアを組む
    • 違う特性の人とペアを組む
    • 違う特性の人とチームを組む
    • 自分を変えるのは難しくても、刺激を受けられる
    • クソほどむかつく人ほど自分に変化をもたらしてくれる
  • 今は学生時代にアジャイルやってた人がまざってる世代
    • 昔の話をしても共感されない
    • しみったれた世界はさっさと抜け出す
    • 「実験したぞ!」「大暴れしたぞ!」を聞きたい
  • 今までの世界をよしとしていた価値観では、新しいものを否定する
    • 新しい価値観を評価できない
    • 既存の価値観とは違うパターンのことをしてみよう
    • 事前に評価しないでまずはやってみる
  • 「10年前の講演で感銘うけてんじゃねーぞ」
    • 「我々も10年間で進化している」

心構え・マインドセット・これから挑戦していこうという勇気を貰える話でした。
挑戦を色々しているつもりでも、まだまだコンフォートゾーンに閉じこもってるかもなー、と思うことがあります。
まだまだ出来ることはいっぱいあるはず!!なので、いっぱいはみ出ていこうと思いました。無理しない範囲で。

18:30~トラック紹介

トラック数がおかしい。

  • Scrum Fest Osaka
  • 札幌
    • 北米と一緒に。だけど全編日本語
  • 三河
    • kyonnさんと及部さんのトラック、見に行きます
  • 広島
  • 福岡
  • 品川
  • 仙台
    • Let's Go Developerの話。仙台で参加したいんだよなぁ
  • 四国
    • A Scrum Bookの読書会。行きたい
  • 栃木
    • モノづくりの話メイン
  • 京都
  • ベトナム
    • 3行芸
  • 新潟
    • Agile TestingのJanetの日本語訳動画
  • 鳥取
    • 宇宙開発‥!?
  • スクラム道関西
    • みさコーチ!人間関係系
  • DevOpsDaysTokyo
    • 実質DevOpsDaysTokyo2020
  • XP祭り
    • コンテンツ応募しなきゃ
  • Agile Japan
    • リアルな話がおおい
  • ハッカーライフラボ
    • LTしまーす
  • オブラブ
    • ふりかえりで飯食っていきたい

19:10~ ハッカーライフラボの事前打ち合わせ

LTの練習をしました。

19:40~ コーヒーテーブル

きょんさん、及部さん、しーばさんと感想戦。

  • Controlled Chaos
    • 自分の知らないカオスって投げ込めないよね
  • アジャイルコーチ
    • 通りがいいからアジャイルコーチって言ってるよね
    • ryuzeeってアジャイルコーチだっけ…?
  • そもそもチームには技術が必要だよね
    • ビジネス成功させるためには技術力が必要

20:00~ チームメンバーと感想戦

  • カオスって何?
  • カオスをいかにチームに投げ込むか?
  • 自分が経験したもので、チームが経験したことに投げ込めるカオス
  • 懇親会の楽しみ方

20:20~ ミルクボーイがスクラムを説明したら/再演

  • Tommy & 樋口さん
    • 二度目聞いてもおもろい
    • あんまり先のことはデスノートにも書かへんで

20:40~ 栃木トラック

  • 斉藤さん(@nolick1219 )の部屋
    • 入ってきていきなりゴマすられたww
    • 「アジャイル界隈で怖くない人いる?」
    • 斉藤「いないんですよね」
    • 斉藤「やっとむさんも怖いときあるんですよね」
    • ずっと笑ってられる。斉藤さんのキャラ凄い
    • フルリスペクト精神
    • テレビ局に例える…?
    • 永遠の愛されキャラ
    • みんなずっと笑ってる

21:45~ 栃木トラック/Boschの動画

  • Green/Tealの状態にどのように段階を踏んでいったんだろう?
  • いきなり変化を起こすにはハレーションが大きすぎる気がする

21:55~ 栃木トラック

  • 斉藤さんが抜ける
  • 川口さんが後ろでウィーンウィーン音を鳴らして作業してる
  • このイベント設営ないのがいいよね
viva_tweet_x
チームファシリテーター。 ふりかえり・カンバンなど、チームをよりよくするための活動を推進しています。 社内外でのイベントレポートも行います。 twitter: https://twitter.com/viva_tweet_x speakerdeck: https://speakerdeck.com/viva_tweet_x
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした