Help us understand the problem. What is going on with this article?

Agile Japan 2020 参加レポート「基調講演:New Normalの観点から可視化されるDX推進の課題と経済産業省の政策展開 -- 「2025年の崖」問題に対してアジャイルへ期待するDXの本質 --」

Agile Japan 2020

この記事は、2020/11/17-18に開催されたAgile Japan 2020のレポートです。
image.png

基調講演:New Normalの観点から可視化されるDX推進の課題と経済産業省の政策展開 -- 「2025年の崖」問題に対してアジャイルへ期待するDXの本質 --

経済産業省 商務情報政策局情報経済課・アーキテクチャ戦略企画室長 和泉憲明氏

アジェンダ

  1. DXレポートの策定とデジタルに関する政策的意図
    実感のない環境変化:クラウド化の加速

  2. 新型コロナウイルスと不幸な脅威と表出した本質
    アジャイルが本質。従来のアジャイルではなく、コロナ下を経験したからのアジャイル

  3. DX推進政策は第2幕へNew Normalに向けた政策展開

1. DXレポートの策定とデジタルに関する政策的意図

日本ITの平均成長率について

日本のデータセンター業が平均成長8.1%。ただ、サーバー市場規模が縮小。
データセンター業が伸びれば、そこに納入するサーバーは増えるはず…なのに増えていない。
分析してみると

  • ①ユーザーはクラウドホスティングサービスを求めている
  • ②AmazonやGoogleはサーバを自作している
  • ③海外目がクラウドベンダーへの国内進出の数値は含まれていない

それでも落ち込んでいるのはなぜ??

2019年は、メインフレームの売上が30%増。これはおかしい。
クラウド・IoT・AIの活況化や、受託型から提案型へのシフトがあるものの…
海外クラウドベンダーの使いにくい部分を使いやすくするような事業が増えてきている。
既存のビジネスがメインフレームみたいな話になってしまっている。

Alibabaは1日で4.16兆円売り上げを上げるようになってきた。
中国ではEコマースが活況になってきていて、Alibaba一強の時代ではなくなってきている。

中国ではオンラインが当たり前の世界になってきている。
AliPayはインドに食い込んでいる。インドは中国製アプリの利用を禁止したものの、AliPayだけは禁止できなかった(すでに5.7億口座があったため)

中国は平均年齢28歳、平均成長率は15%。
米国は平均成長率6%。
日本は平均成長率1%。大丈夫か日本?

こういう現状を踏まえ、DXレポートを書いた。

DXというコトバ

DXというコトバの意味解釈をするときに、用語定義をしてもDX全体を理解することができない。

DX推進の具体例:パリの地下鉄

自動運転になっている。観光地として、自動運転で車両と運転士がデカップリングされているので、オペレーターの権限で増便できる。
混雑を一瞬で解消できる。観光地としてのモビリティインフラとしての価値がある。
これが、DX。
自動運転というテクノロジーに目が行くけれど、どういう効果があるかが大事。
自動運転自体は20年前から行われていた。
ソーシャルなところに効果が出るのがDXではないか。

政府としての定義は、以下のようなもの

  • 環境変化が激しい中で、データとデジタル技術を活用する
  • ゴールは競争上の優位性を確立する
  • 変えられるものはなんでもカエルが、顧客や社会のニーズをベースにする

なぜ「DT」ではなく「DX」なのか

Transformation = Trans + formation
Trans = ひっくり返るほどの変化。それは「X」が使われる。
完全な変化を意味することがポイントである。

DXレポートで紹介した事例

事例:宮崎大学医学部
ナースが携行をスマホネイティブで実装
ナースのミスがなくなる。今まではナースが電子カルテに入力していたが、ナースの入力業務がかざすだけ、撮るだけになる。
ナースの離職率が3割まで減った。働き方改革になった。サービスレベルの向上にもなった。
紙カルテを電子化するのではなく、プロセスを再設計した。

電子化するだけであればDigitization(単なる電子化)。
ナースの働き方改革はDigitalization(個別業務のデジタル化)。
医師全体に配賦し、ナースとの連携も改革。これがDigital Transformation(組織横断/全体の変革)。

IT市場の限界、デジタルに込めた政策意図として

今までは言われたものをデータ化していた。それではDXではない。
経営が使いこなすのが大事。
経営がどの指標を使うのか、どこに着目するのかが重要。
次の打ち手を重ねていく。現場のITではなく、経営レベルのITをデジタルとしている。

2. 新型コロナウイルスと不幸な脅威と表出した本質

緊急事態宣言のあとに、経営(トップ)が意思を示したらワークスタイリングが大幅に進んでいった。
トップが気合を入れて話すと、数値に如実に影響が出る。

コロナ前は、2025年の崖としては「2年で計画、5年で実施」を想定していた。
3-4月にゲームソフト市場が急増。時間に余裕ができたので、ゲームをすることができるようになってきた。
ゲームがIT市場を下支えしているが、ゲーム以外はマイナス成長になっている。
そのため、今すぐアクションンしないといけない状況になってきている。

まずは現状分析し、廃棄による既存システムをスリム化し、空いたお金で投資する。
それが出来るのが頼られるCIO

コロナ渦で表出した課題

大規模なソフトウェア開発を委託・受託することが、従来の契約形態だと困難。(オレゴン大学の実験)
DXの本質を考えると、必然的にアジャイルに期待することになる。

カーシェア:年間急成長しているが、毎年の利用者の約半数が走行距離0での返却。
どうしてそういうことが起こっているのか?手元のデータでは説明できない。
アンケートを取ったら、意外な使われ方をされていたことが分かった。
家の鍵がないときに緊急退避したり、コインロッカー代わりにしたり、防音室代わりにしたり。
ニーズがあるところにすぐに出す、アジャイルがよいのではないか。

3. DX推進政策は第2幕へNew Normalに向けた政策展開

DXについて5%の企業が上を目指しているだけで、95%はメタボの状態。
水面下にはDXには全く興味のない企業が多い。
色んな政策を売っていきつつ、崖に落ちたシステム

アーキテクチャが重要になってきた。
デジタルの進歩が速すぎて倫理が追い付かない状態。

これまでの政府のやり方

  • 農薬の販売:売る人はたくさん売ったほうがいい。ただ、使う人は大量にまいてしまうかもしれない。それに対して、政策として必要以上の薬品販売を規制する。
  • これだと7年くらいかかる。遅すぎる。

これからの政府のやり方

  • 農薬を売るのではなく、機能を売ってもらう
  • サービスとして、害虫駆除などを賄ってくれる。
  • そうすると、少ない農薬でいかに効率的に撒くか、という話になる。
  • 政策としても、施策は必要なくなる。

New Normalの世界では

経営トップのビジョン(アーキテクチャ)が鍵
経営トップが目標を出して、そこに向かっていくことがとても大事。
社員一丸となってそこに向かっていただきたい。

読んでほしい本

小さなチーム 大きな仕事

  • 失敗した人が次に成功する確率は、初めて挑戦する人と同じ
  • 成功した人が次も成功する確率は、失敗した人よりも高い

感想

  • 物凄い情報量だった。政府が本気でDXのことを考えているんだ、ということが伝わってきた。
  • ITの成長率が著しく悪い、ということに少しショック。
  • 経営レベルから変わろうとしたときのインパクトの大きさは、コロナ渦でのワークスタイリングの変化で自身も感じている。そうした変革を担ったり、後押しをする存在にならないといけないんだな、と実感しました。
  • アウトラインが分かったので、もう一度ビデオでじっくり見てみたいと思います。
viva_tweet_x
チームファシリテーター。 ふりかえり・カンバンなど、チームをよりよくするための活動を推進しています。 社内外でのイベントレポートも行います。 twitter: https://twitter.com/viva_tweet_x speakerdeck: https://speakerdeck.com/viva_tweet_x
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away