Help us understand the problem. What is going on with this article?

(レポート)Scrum Fest Osaka Day2 "で、結局 "誰に" 価値を届けるの?〜大企業のアジャイル開発で失敗に成功した話〜" #scrumosaka.mkw

はじめに

Scrum Fest Osaka 2020は、6/26-27に開催された、オンラインでの大規模カンファレンスです。

この記事では、2日目の14:00~14:30 #scrumosaka.mkw(三河)で行われた「で、結局 "誰に" 価値を届けるの?〜大企業のアジャイル開発で失敗に成功した話〜」のレポートです。

今回、NRI asleadのチームメンバー3人全員で参加しています!

スライドは2020/06/29現在、未公開のようです。

登壇の経緯

  • @TAKAKING22 (及部)さんのせい」で登壇することに
  • 自分もあんなふうに楽しく活動したいと思った

何をやっている人か

  • 松原さん:デンソーでスクラムマスター
    • 失敗に成功したい
    • 開発プロジェクトやってるけどプログラム書けない
  • チームの成長の話をメインにしていきます

アジャイル開発の経験と浮かんできた疑問

  • 開発期間6ヶ月で開発したときの話
    • 開発3名、SM1名(松原)
  • 疑問:価値の届け先とは?
    • 本来はユーザのはず
    • ただ、大企業だと単純ではない
    • 市場(ユーザ)までの距離が遠い
    • 目的が「事業部長や営業マンを納得させること」になってる
    • チーム内部でも距離がある
      • POと開発チームで距離がある

チームに起こったトラブル

  • トラブルが発生
    • 価値の衝突
    • 品質観点の総意
  • 当初予定の半分も開発できなかった
    • メンバーそれぞれで向き先が違っていた
      • ステークホルダー
        • ユーザビリティ、作業効率化
        • オペレーション
      • PO
        • 技術開発、サービス創出
        • イノベーション
      • 開発チーム
        • 個のスキルアップ、自分のことで精一杯
        • モチベーション

「みんなでアジャイル」から学んだ3つのポイント

  • 顧客から始める
    • ユーザーの仕事場で一緒にインセプションデッキ、ユーザーストーリーマッピング
  • 早期から頻繁に協力する
    • 向かう先を日々修正する
    • アクション→同じ場所でともに働く
  • 不確実性を計画する
    • 向かう先へ到達し続ける
      • 実験と発見、学びや成長を実感
      • 相互感謝、持続可能
    • KPT
      • 変化を楽しむふりかえり、互いに感謝

誰に価値を届けるか?~失敗から学んだこととわたしからの提案~

  • 届ける価値の共通認識を持つ
    • ユーザの困りごと、嬉しさを直接聞く
      • 三現主義+1
        • 現場
        • 現物
        • 現実
        • 現人
    • 品質の共通認識を持つ、優先順位付け
      • SQuaREという国際基準の品質の観点でトレードオフスライダーを作成
    • 価値はパートな関係のもとに造られ育まれる
      • POの上司を巻き込んだふりかえり
        • 現場の困りごとを感じてもらう。効果を一緒に見たい気持ちを伝える
      • 人材育成にはモブワーク
        • 特に開発スキルが未熟なチーム
        • 互いに補完しあい、技量の差を縮める
        • 安心しながらできる
      • 失敗はチームへ届けられる最大の価値
        • 「ありがとう」は魔法の言葉
        • WHYとFUNに目を向ける
          • FUNを意識させるグランドルール
          • K:ありがとうを伝える
            • お互い嬉しいもの
          • P:失敗を称え合う
            • 前向きにトライする
          • T:実験と発見を楽しむ
        • 文字に隠れた背景や感情に目を向ける
          • 意識的に問いを投げかける
          • なぜうまくいった、いかなかったのか
          • 本質に目を向ける

で、結局"誰に"価値を届けるの?

  • 現場で困っている人
    • Not上司
  • スクラムチーム
    • アジャイルは無限の愛の源泉
    • 愛という価値を届け続けるチームを作る

今後の展望

  • ソフト開発職場以外にもアジャイルを普及したい
    • エンゲージメントサーベイ×ふりかえり を組織に普及し始めた(100名規模)
    • 毎週 We Doをチーム間で共有、多く得られたいいね!をまとめて展開

感想

(森)

  • POといかに近いか、って大事。POと近ければ近いほど、よいチーム・プロダクトになるのは私も実感している。
  • ステークホルダーとPOとチームの価値観がずれまくってるとしんどいのを思い出した。ステークホルダーが複数社いるとさらに辛い。
  • 価値の届け先は常に意識しなきゃいけない、と再認識(PO・アジャイルコーチとして)
    • 届け先には「チーム」も含まれるというのはよい学びだった

(チームメンバー)

  • 「価値の届け先」に共感した
  • 自分の上長やリーダーに納得させるものを作ることになりがち。
  • 現場の人を見に行くっていうのも大切なんだろうな。と共感
  • 互いに感謝、というのがいい
  • 変化を楽しむふりかえりって大事そう
  • 感謝の意思を表示する、というのが大事
  • 凝り固まるのを防ぐ、柔軟性をもつ。
  • 今は3人チームでロールも混ざっているが、ロールをがっちり設定すると、誰に何を届けるのか、ロールごとに別々の考え方が生まれそう
viva_tweet_x
チームファシリテーター。 ふりかえり・カンバンなど、チームをよりよくするための活動を推進しています。 社内外でのイベントレポートも行います。 twitter: https://twitter.com/viva_tweet_x speakerdeck: https://speakerdeck.com/viva_tweet_x
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした