Help us understand the problem. What is going on with this article?

ふりかえりのアクティビティ紹介:DPA

この記事について

ふりかえりの手法を1つずつ紹介していきます。
ふりかえりをより楽しくしていくためにお使いください。

DPA(Design the Partnership Alliance)

出典:リーダー塾

目的

  • チームにとって望ましい場または雰囲気を意識的・意図的にデザインします。
  • 責任を分かち合う状態を作り出します。
  • 関係を維持する上で必要な、目に見える行動基準を作ります。

所要時間

5~15分

ステップ

導入として、今回(以降)のふりかえりをどんな雰囲気で行っていきたいか、みんなで話し合ってから進めるということを宣言しましょう。
以下の問いについて自由に発言してもらいます。問いは多くても3つほどで、問い1つに対して3~5分です。また、問いの内容について全員で合意できるものを全員で選びましょう。

  • どんな雰囲気を作り出したいか?
  • その雰囲気を作りだすためにどんなことをしますか?
  • 困難なときお互いにどのようにありたいか?
  • この関係にどのようなものが持ち込まれると、さらに豊かになるか?
  • あなたは個人として、この関係にどんな貢献をしますか?

メンバーが多い場合は、賛成・反対により全体での合意をとってもよいです。全員が賛成のものを選びましょう。全員で合意した内容は、毎回ふりかえりの前に確認するなど、定期的に確認し、アップデートしましょう。

事前準備・道具

意見を書き出すための付箋を用意します。問いの数だけ、付箋の色を用意しましょう。また、付箋に意見を書くためのペンを人数分用意します。また、意見を掲示するためのホワイトボードを準備します。
ホワイトボードには、あらかじめ問いの内容を記載しておき、問いの数だけホワイトボードに線を引いてセクションを作ります。

ファシリテーションのポイント

チームで合意した内容は、全員の目に付く場所においておき、誰かが合意事項を破っている人がいたら、チームのメンバー同士で注意しあいましょう。注意するときには、口頭で叱るのではなく、無言で合意事項を指差したり、笑いながら指摘するなど、チームの関係性を崩さないような注意の仕方を心がけましょう。

進め方の例

#ふりかえりam #1で実践しています。

viva_tweet_x
チームファシリテーター。 ふりかえり・カンバンなど、チームをよりよくするための活動を推進しています。 社内外でのイベントレポートも行います。 twitter: https://twitter.com/viva_tweet_x speakerdeck: https://speakerdeck.com/viva_tweet_x
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした