Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでJava8対応のEclipseWEB開発環境を整えるまで

More than 5 years have passed since last update.

Homebrewのインストール後、mavenとgitを使えるようにして、EclipseとTomcatの設定を行います。


Homebrewのインストール

Xcode Command Line Toolsのインストール確認

Terminalでgcc -vを入力実行。

次のようなメッセージが出てきたらXcode Command Line Toolsのインストールが不要となります。

check
Configured with: --prefix=/Applications/Xcode.app/Contents/
Developer/usr --with-gxx-include-dir=/Applications/Xcode.app/ 
Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/
MacOSX10.10.sdk/usr/include/c++/4.2.1
Apple LLVM version 6.0 (clang-600.0.54) (based on LLVM 3.5svn)

Xcode Command Line Toolsのインストール

  1. Xcodeをインストール
  2. 利用規約に同意する

  3. XcodeのPreferencesを開く

  4. PreferencesでDownloadsのセクションに移動し、Xcode Command Line Toolsをインストールする

  5. Terminalでgcc -vを入力実行。エラーが出てないことを確認する

Homebrewのインストール

Terminalで次のコマンドを実行するだけ
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

  1. ついでにバージョン管理のリポジトリを用意...brew tap homebrew/versions
  2. 念のためupdate...brew update
  3. 念のため確認...brew doctor
  4. エラーが出なければ大丈夫です

MacでJDK8

JDKをインストールし、Java8のパス設定を確認後、問題があればパスの設定を行う

Javaのバージョンの確認

Terminalでjava -versionを入力実行。java version "1.8.0_11"のように表示されれば、JDKをインストールする必要がありません。

方法1:TerminalでJDK8のインストール

  1. brew install caskroom/cask/brew-cask
  2. brew tap caskroom/versions
  3. brew cask install java
  4. パスワードの入力が求められると思うので、Macに設定しているパスワードを入力
  5. Terminalでjava -versionを入力実行。java version "1.8.0_11"のように表示されることを確認して下さい

方法2:普通にJDK8のインストール

  1. Oracleのダウンロードページに行く http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
  2. 「Java SE Development Kit 8u..」で、Accept License Agreementをチェックし、環境に対応したJDK(32bit or 64bit)をダウンロード
  3. ダウンロードが終わったら、インストーラーを起動する
  4. JUnitのインストールは一応しておく

補足:Macの環境確認方法(32bit or 64bit)

最近、買った新品Macであれば64bitと考えて問題無いです

  1. 左上のリンゴマークをクリックし、「このMacについて」を選択
  2. 「詳しい情報」をクリック
  3. 「システムレポート」をクリック
  4. 左ツリーの[ハードウェア]をクリック
  5. プロセッサ名を照合する

Intel Core Solo 32 ビット
Intel Core Duo 32 ビット

Intel Core 2 Duo 64 ビット
Intel Quad-Core Xeon 64 ビット
Dual-Core Intel Xeon 64 ビット
Quad-Core Intel Xeon 64 ビット
Core i3 64 ビット
Core i5 64 ビット
Core i7 64 ビット

JavaのPathを通す

  1. Terminalでecho $SHELLを打った結果/bin/shell/であることを確認
  2. Terminalでcdを入力実行
  3. Terminalでvi .bash_profileを入力実行(bashではなくzshを使っている場合はvi .zshrc)
  4. Terminalでaを入力実行 1, 次の行を追加export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8`←ここまで
  5. Escキーを押す
  6. Terminalで`:wqを入力
  7. Terminalでjava -versionを入力実行。java version "1.8.0_11"のように表示されることを確認して下さい

mavenのインストール

Terminalで次のコマンドを実行するだけ
brew install maven

念のためバージョンを確認
mvn --version
エラーがなけれ大丈夫です

brewを使ったgitのインストール

開発にGithubを利用する場合、次の手順を行ってください。

まずは、Githubのアカウントを用意してください
Github
https://github.com

Terminalで次のコマンドを実行するだけ
brew install git

念のためバージョンを確認
git --version
エラーがなけれ大丈夫です

git credential-osxkeychain
git config user.name "My Name"
git config user.email me@example.com
git config --global credential.helper osxkeychain

[credential]
        helper = osxkeychain
[credential "https://URL"]
        username = githubのユーザ名

Eclipseのインストール

日本語化したEclipseを用意したいときの手順になります。英語GUI環境にて必要なプラグインだけをいれて使いたいときは(A)Eclipseをインストールして終わりです。

Eclipseのダウンロード

(A)Eclipse
Eclipse IDE for Java EE Developersをダウンロード
http://www.eclipse.org/downloads/

(B)Eclipse
Eclipse4.4Luna -> 環境に対応したJavaパッケージをダウンロード
http://mergedoc.sourceforge.jp

補足:Macの環境確認方法(32bit or 64bit)

最近、買った新品Macであれば64bitと考えて問題無いです

  1. 左上のリンゴマークをクリックし、「このMacについて」を選択
  2. 「詳しい情報」をクリック
  3. 「システムレポート」をクリック
  4. 左ツリーの[ハードウェア]をクリック
  5. プロセッサ名を照合する

Intel Core Solo 32 ビット
Intel Core Duo 32 ビット

Intel Core 2 Duo 64 ビット
Intel Quad-Core Xeon 64 ビット
Dual-Core Intel Xeon 64 ビット
Quad-Core Intel Xeon 64 ビット
Core i3 64 ビット
Core i5 64 ビット
Core i7 64 ビット

(B)Eclipseの中身を(A)Eclipseにコピー

  1. (B)Eclipseの dropinsディレクトリを(A)Eclipseにコピーします。 (B)Eclipse->dropins => (A)Eclipse->dropins
  2. (B)Eclipseの featuresディレクトリを(A)Eclipseに結合コピーします。 (B)Eclipse->features => (A)Eclipse->features
  3. (B)Eclipseの pluginsディレクトリを(A)Eclipseに結合コピーします。 (B)Eclipse->plugins => (A)Eclipse->plugins

上書きではありません

eclipse.iniの編集

【重要:ここからは (A)Eclipseのみ使います

  1. Eclipse.appを右クリックし、[パッケージの内容を表示]を選択します
  2. Contents/MacOS/eclipse.iniを適当なエディタで開き、最終行に次の文字を追記します。適当なエディタがない場合brew cask install sublime-text3をTerminalに打ち込むとSublimeをインストールできます。(viエディタでも大丈夫)
eclipse.ini追加部分のみ
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=no.mnemonic

参考画像
macPng 2014-11-10 19.52.39.png

「参考」eclipse.ini全体
-startup
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.0.v20140415-2008.jar
--launcher.library
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx.x86_64_1.1.200.v20140603-1326
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
-showsplash
org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
--launcher.appendVmargs
--launcher.library
/Users/def/eclipse/plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx.x86_64_1.1.200.v20140603-1326
-startup
/Users/def/eclipse/plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.0.v20140415-2008.jar
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.6
-XstartOnFirstThread
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
-XX:MaxPermSize=256m
-Xms40m
-Xmx512m
-Xdock:icon=../Resources/Eclipse.icns
-XstartOnFirstThread
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=no.mnemonic

最後に

参考になる記事など

MavenをEclipseで使いたい初学者のトラブル例
http://qiita.com/gishi_yama/items/32d811cbb10d50912fc3

参考にした記事など

使用中のMacが32bitか64bitなのかを判別する方法
http://macruby.info/mac/mac-32bit-64bit.html

vicugna
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした