Edited at

Stretch 版 4GPi のイメージから Buster へのアップグレード


はじめに


概要

本記事で以下2つを検証しました。

①4GPiと格安SIMでラズパイをインターネット接続

②Stretch版4GPiのイメージからBuster版へアップグレード


4GPiとは?

今回使用したのは

メカトラックス様のラズベリーパイ用4G(LTE)通信モジュール「4GPi」

4GPiの機器は提供して頂きました。本当にありがとうございます。。。


4GPiを使うメリット

ラズパイのインターネット環境は有線やWifiを使用している方が多いと思います。

しかし、その方法ですと線をつなぐ必要があったり、Wifiの電波が届く範囲でしか

活用できません。

そこで、4GPiの出番です。

なんと、4GPiをラズパイに取り付けるとスマホと同じように

SIMを入れてどこでもインターネットを活用できるのです。

用途は、リアルタイム性を求めたり、観測地が変わるデータ収集などが特に適していると考えられます。

使い方の一例ですが、

リアルタイムのドライブレコーダーも作成できます。

最近よく、お年寄りの危険運転がメディアで取り上げられています。

私の両親はもう60,70代と運転が心配です。

しかし、両親共に遠方に住んでいてどのように運転しているか分からず、

両親に聞いたとしても主観的な意見しか手に入りません。

そこで4GPi+ラズパイを使用すれば運転を

リアルタイムでストリーミング再生できるドライブレコーダーにもなります

もちろん、録画もできるのでいつでも運転の動画を確認できます。

他にも用途は様々ありますが、長くなるので今回は省略いたします。

それでは早速4GPiを使っていきましょう!


必要な物

ラズベリーパイ用4G(LTE)通信モジュール「4GPi」

 スイッチサイエンスからも購入できます。

 今回メカトラックス様から提供して頂きました。

 内容物は以下です。(参考:https://mechatrax.com/products/4gpi/)

 ●4GPi × 1個

  

 ●4G アンテナ × 2本

  

 ●DCジャック - XHP-2コネクタ変換ハーネス × 1本

  

 ●USB-A オス - USBmini-b オスケーブル × 1本

  

 ●基板固定用六角スペーサ(M2.6)セット × 4セット

  

ACアダプタ(12V 2A)

 ACアダプタは4GPiに接続します。

 ピンソケット経由してラズパイへ電源供給する仕組みです。

◎ 標準SIM

 私は標準SIMを持っていなかったので、スマホで利用している"NanoSIM"と

 "NanoSIMから標準SIMに変換するアダプタ"で対応しました。

 

 1. NanoSIM:格安SIM Y!Moblie

 2. 変換アダプタ:mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ

 対応可能なSIMについては公式サイトに記載がありました。


ドコモ、au、softbankのキャリアIOT(inter-operability testing:相互接続性試験)については現在実施中で、各キャリアから直接入手されたSIMは接続出来ない場合がありますので、ご注意ください(各キャリアネットワークを使用したMVNOであれば基本的に接続可能です)。


 参考:https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi3

 補足:標準SIM・NanoSIMのサイズ規格はこちら

ラズパイ

 Raspberry Pi3 ModelB+を使用しました。

パソコン

 OSをラズパイにインストールするのに必要です。

MicroSDカード

 ラズパイのOSを格納する用に必要です。

 私は32Gの容量のSDカードを使用しました。

ディスプレイ(+HDMIケーブル)

 ラズパイを表示するのに必要です。

キーボード

 ラズパイを操作するのに必要です。


①4GPiと格安SIMでラズパイをインターネット接続


4GPiインストール済のStretch版イメージをダウンロード

以下のzipファイルをパソコンにダウンロードしましょう。

イメージ:https://mechatrax.com/data/4gpi/4gpi-stretch-lite-20190419.zip


OSイメージをMicroSDカードへ書き込み

zipファイルのままMicoSDカードにコピーしただけではラズパイはOSを読み込むことができません。

ラズパイが読み取れるように書き込みソフトを利用しましょう。

今回は有名な書き込みソフト「Etcher」を使用しました。

書き込み手順はこちら


4GPiのセットアップ & ラズパイの起動

① 基板固定用六角スペーサと4G アンテナを4GPi側に取り付けます。

② ラズパイの上部に4GPiを取り付けます。

③ ラズパイ側のねじを閉めます。

④ MircoSDカードをラズパイに挿入します。

⑤ 4GPiに標準SIMをセットします。

⑥ 4GPi用とラズパイにUSB-A オス - USBmini-b オスケーブルをつけます。

⑦ DCジャック - XHP-2コネクタ変換ハーネスに電源供給アダプタをつけ、4GPiにつけます。

4GPiに電源投入(=ラズパイに電源投入)して数秒待つとIDとパスワードを要求されるので

こちらの初期データを入力します。

※私の場合、ラズパイとディスプレイをHDMLケーブルで接続して画面を表示しております。

するとターミナルで入力できる状態になります。

pi@raspberrypi:~ $


SIMカードの接続

SIMカードの情報を登録します。

sudo nmcli con add type gsm ifname "*" con-name 「接続名」 apn 「APN」 user 「ユーザー」 password 「パスワード」

「接続名」は任意の名称を付けてください。

「APN」,「ユーザー」,「パスワード」は各SIM会社のサイトに記載しております。(Y!Moblieはこちら)

項目
Y!Moblieの場合

APN
plus.acs.jp

ユーザー
ym

パスワード
ym

私(Y!Moblie)の場合は

sudo nmcli con add type gsm ifname "*" con-name ymobile apn plus.acs.jp user ym password ym

と入力しました。

次にSIMが認識できているか確認します。

4GPi上の青色LEDが点滅していればOKですが、

念のため、コマンドで確認しましょう。

ifconfig wwan0

を実行し、inetにアドレスが表示されていればOKです。

↓4GPi左部 青色LED

試しにサイトにpingして確かめてみましょう。

ping yahoo.co.jp

応答がありましたら無事に接続できています!

うまく接続できない方はこちらを参照


②Stretch版4GPiのイメージからBuster版へアップグレード


まずは情報確認

ラズパイにディスプレイを接続して4GPiのソフトウェアが入っているか確認しましょう。

dpkg -l | grep 4gpi

と打って、以下のように表示されていれば無事インストールされています。

ii  4gpi-net-mods         1.0.0  all  Network configuration for 4GPi

ii 4gpi-networkmanager 1.0.1 all NetworkManager settings for 4GPi
ii 4gpi-utils 1.0.1 all Utilities for 4GPi family

次にバージョンがStretchであることを確認しましょう。

lsb_release -a

「Codename: stretch」となっていればOKです。


バージョンアップの際に通信量が気になる

SIMカードによる通信でも問題ありませんが、バージョンアップするにあたって

かなり通信量がかかります。(500MB以上かかると思います)

私の場合は一度Wifiに切り替えて実施しました。

4GPiは便利なツールがいくつか用意されています。(ツールのリストはこちら)

ツールを使って一度4GPiの電源を落とします。

/usr/sbin/4gpictl poweroff

そして、Wifiを接続します。(接続方法はこちら)


バージョンアップ(下準備編)

下準備ではaptを使用してパッケージを更新します。

Busterへアップグレード後、4GPiのパッケージもaptで更新できるようリポジトリを追加します。

まずはmechatracks.listを開きます。

sudo vi /etc/apt/sources.list.d/mechatracks.list

次にファイル内にapt-lineを追加します。

deb http://mechatrax.github.io/raspbian/ buster main contrib non-free

apt-line内の"buster"が"stretch"の場合、Busterにアップグレード後に4GPiのツールが正しく動作しません。

必ず実施しましょう!

リポジトリの追加後はパッケージを更新する必要があります。

sudo apt update

次に「dist-upgrade」を利用して、更新が必要かどうかに関係なく、

すべてのパッケージの最新の利用可能なバージョンに強制的にアップグレードします。

こちらのサイトを参考に更新しました。

sudo apt dist-upgrade -y

Raspberry Piのファームウェアを更新します。

sudo rpi-update

次にアップグレードするために"stretch"のテキストを"buster"へ変更します。

まずは「sources.list」の編集です。

sudo vi /etc/apt/sources.list

ファイル内の"stretch"から"buster"へ置換します。

deb http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi

から

deb http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian/ buster main contrib non-free rpi

へ変更します。

次は「raspi.list」の編集です。

sudo vi /etc/apt/sources.list.d/raspi.list

同様にファイル内の"stretch"から"buster"へ置換します。

deb http://archive.raspberrypi.org/debian/ stretch main

から

deb http://archive.raspberrypi.org/debian/ buster main

へ変更します。


バージョンアップ(本編)

ようやくバージョンアップです。

Raspberry Piに保存されているパッケージリストを更新します。

sudo apt update

すべてのパッケージをRaspbian Busterバージョンに更新します。

sudo apt dist-upgrade

途中でyes no の質問がありますが、基本はyesで問題ないです。

(ufwの設定はStretchの状態を引き継いだほうが良いかもしれません。ssh設定がDENYになります。)

Busterのアップグレードプロセスが完了したら、自動的にインストールされるいくつかの新しいアプリケーションを削除する必要があります。

sudo apt purge timidity lxmusic gnome-disk-utility deluge-gtk evince wicd wicd-gtk clipit usermode gucharmap gnome-system-tools pavucontrol


最後の確認

バージョンがBusterであることを確認しましょう。

lsb_release -a

「Codename: buster」となっていればOKです。

Wifiでインストールした方は設定をSIMカードに戻しましょう。

sudo ifconfig wlan0 down

4GPiの電源をONします。

/usr/sbin/4gpictl poweron

最後にネットに接続されているか確認します。

ifconfig wwan0

を実行し、inetにアドレスが表示されていればOKです。

これでOSのアップグレードと4GPiの適応が完了しました!