PlantUMLをAtomで使う in Windows7

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

大雑把な手順。詳細は下に。
1. Chocolateyをインストールする
2. Graphvizをインストールする
3. Atomにプラグインをインストールして設定
4. PlantUMLを使う

実行時の環境

Windows7 SP1 64bit
Atom 1.15.0

Chocolateyをインストールする

公式サイトのインストール手順を見ればわかるけど、コマンドプロンプトでインストールできる。
管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げ、下記のコマンド(2017/04/18現在)を実行

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET "PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin"

Graphvizをインストールする

コマンドプロンプトで下記のコマンドを実行

choco install graphviz

JDKをインストールしてないなら下記のコマンドもついでに実行

choco install jdk

Atomにプラグインをインストールして設定

下記の2つをインストール

language-plantuml
plantuml-viewer

インストール後、plantuml-viwerの設定を行う。
設定する項目は下記の2つ。
この設定前にプレビューを開いてたら、再度プレビューを開き直さないと設定が反映されないので注意。

設定項目 設定内容
Charset UTF-8
Graphviz Dot Executable C:\Program Files (x86)\Graphviz2.38\bin\dot.exe

PlantUMLを使う

拡張子が.pumlや.puのファイルを開いてる時にCtrl + Alt + Pを押すとプレビューが出るので楽ちん。
どうやって書くかは下記のサイトなんかを参考に。

AtomとPlantUMLでクラス図を書く方法
PlantUML - シーケンス図
Atom+PlantUMLで見た目もいい感じのシーケンス図を作成する

参考

Atom にPlantUML を導入
AtomとPlantUMLで爆速UMLモデリング