VirtualBox

VirtualBoxで64bitが選択できない場合の対応方法

はじめに

元々VirutalBoxで64bitが選択できていたのに、ある日仮想マシンを作成しようとした時に「あれ?32bitしかでないぞ?」という状況になりました。
その時の対応内容を記載しています。
※そもそも「なぜ32bitしか出なくなったか?」が不詳な為、この対応で正しいかも不詳…

事象の発生/解消をした環境は以下の通りです。

  • OS:Windows10 Pro
  • VirutalBox:5.6

32bitしか選択できなくなった時の状況

  1. Docker for Windowsを入れていた
    VirtualBoxと競合してしまうとの事で1日程度でアンインストール
  2. Docker Toolboxを入れていた
    Kitematic経由でDocker Imageを落とそうとしたが、接続ERRが解消できず。
    それ程緊急性も無かった為、こちらも1日程度でアンインストール。
  3. 動作不安定になりDocker for Windowsの入れる直前までシステムの復元を実施

ここまで対応した後、2週間程VirtualBoxには触れず。
新しく仮想サーバを作るか…と起動した時に32bitしか選択できなくなっていた。
(作成済の64bitマシンを起動しようとした際にはブルースクリーンが出たのはビビった)

解消の為に実施した事

結果的には以下のいずれでも解消しませんでした。

  1. BIOS設定の確認、再設定 Intel Virtualization TechnologyEnableになっている事を確認。
    一旦、DISABLEにして再度ENABLEにする。
  2. VirutalBoxのアンインストール/インストール
  3. システムの復元

解消した際に実施した事

「Hyper-V」の再インストール/削除を実施。
結果的にこれで無事64bitが選択できる様になりました。

Docker for Windowsをインストールする際にHyper-Vの有効化の設定がちょっと残っちゃっていたのかな…