Help us understand the problem. What is going on with this article?

Arduino Esploraのジョイスティックでサーボを動かす

More than 5 years have passed since last update.

ArduinoのAdvent Calendarを見つけたので、飛び入りで参加します。

http://www.adventar.org/calendars/348

Arduino Esploraはセンサー全部載せのArduino。ちょっと値が張りますが、センサーが載ってるだけでなく、ソフトウェアも書きやすいという特徴もあります。

私が作ったマシュマロ・カタパルトもそうですし、Maker Faire Tokyoでスイッチ・サイエンスさんが展示してた超音波スピーカーでも使われてましたが、Esploraのジョイスティックとサーボの相性は抜群なので、簡単な作り方を紹介します。

ジョイスティックの値を読む

ジョイスティックは秋月とかで手に入らなくもないですが、綺麗に基板に乗っててくれてる上に、ライブラリのサンプルのように、setup()でピン指定を指定せずにスッキリと使えます。

void loop(){
    int value = Esplora.readJoystickX();
    Serial.println(value);
    delay(1000);
}

Output Tinkerkit Connectorsでサーボを動かす

Tinkerkitというのは、Arduinoでセンサやスイッチを簡単に扱える規格です。こういうキットもあって、センサ全部載せなEsploraを、さらに拡張できるわけです。

https://www.switch-science.com/catalog/681/

ただ、Tinkerkitって、あんまりはやってみたいなので、自分でコネクタとかを使って引き出す必要があります。私はチキンなので秋葉原のガード下で店員さんに確認してもらいましたが、MXJ 5051と刻印があったので、このコネクタと思います。

http://www.monotaro.com/p/0856/0666/

コネクタだけでなく、金具も買うのを忘れないように。

http://www.monotaro.com/p/0856/0745/

ピン番号ですが、基板のシルクにD3,D11と書かれてます。回路図(PDF)でも確認できます。

Arduino公式のサーボライブラリのサンプルを参考に配線し、ピン番号を書き換えて、ジョイスティックの値を流し込めば、ジョイスティックに合わせてサーボを動かせます。

http://arduino.cc/en/Tutorial/Sweep

スケッチはこちら。

#include <Servo.h>
#include <Esplora.h>

Servo myservo;
int pos = 0;
int servoPin = 11;

void setup(){
  myservo.attach(servoPin);
}

void loop(){
  pos = map(Esplora.readJoystickX(),0,1023,0,180);
  myservo.write(pos);
}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした