Edited at

Alibaba Cloudでの仮想マシン作成手順[AWSとの違いも記載]


仮想マシンの作成

Alibaba Cloudを初めて触るという方向けに仮想マシン作成手順を記します。

AWSを知っている方向けに、AWSとの違いも併せて記します。


1. ECSサービスの選択

ログイン後のコンソールで「Elastic Compute Service」(以下ECS)をクリックします

WS000000.JPG

ECSダッシュボード画面で「インスタンス」をクリックします

 ※AWSとの違い: ECSダッシュボード画面では全リージョンのインスタンスの利用状況が表示される

WS000001.JPG


2. リージョン確認

インスタンス画面で初めてリージョンが確認できるので「日本(東京)」である事を確認します

WS000002.JPG


3. インスタンス作成開始

「インスタンスの作成」をクリックします

WS000003.JPG


4. パラメータ入力

以下パラメータを入力して、「次のステップ:ネットワーク」をクリックします


  • サブスクリプション(AWSでいうリザーブドインスタンス)か従量課金か

  • アベイラビリティゾーン

  • インスタンスタイプ

  • インスタンスOS

  • ルートディスクの種類とサイズ

WS000005.JPG

WS000007.JPG

以下パラメータを入力して、「次のステップ:システム構成」をクリックします


  • 所属するVPCとVSwitch(AWSでいうサブネット)

  • パブリックIPの割り当て

  • アタッチするセキュリティグループと主要プロトコルの許可設定
    WS000008.JPG

以下パラメータを入力して、「次のステップ:グループ化」をクリックします


  • インスタンスにアクセスする為の秘密鍵もしくはパスワードを指定します

     ※AWSとの違い:デフォルトだと秘密鍵・パスワード共に指定なし


  • コンソール上のインスタンス名と説明、インスタンスOS内部のホスト名を入力します


WS000010.JPG

タグ名とタグ値を入力して、「次のステップ:プレビュー」をクリックします

WS000011.JPG


5. インスタンス作成の完了

「ECS SLAと利用規約に同意します」にチェックを入れて、「インスタンスの作成」をクリックします

WS000013.JPG


6. 作成されたインスタンスの確認

有効と表示されたら、「コンソール」をクリックして、当該インスタンスが作成されている事を確認します

WS000015.JPG

WS0000166.JPG

パブリックIP/EIPを割り当てている場合は、IPアドレスの列にグローバルIPアドレスが表示されます

WS000009.JPG