1
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

Processing4でandroid11 実機デバッグ検証

はじめに

Processing.orgが新しくなっていた。
以前はProcessing3を利用していたが、android11 実機デバッグの動作検証する。

結論

簡単に動く
00.jpg

環境

Windows 10
processing4.0b8
Xperia 10 III(android 11)
1.JPG

手順

(1)processing4の導入

https://processing.org/downloadから「Windows〔Intel 64-bit〕」を選択。
processing-4.0b8-windows-x64.zipがダウンロードされるので解凍する。
解凍後のprocessing-4.0b8-windows-x64/processing.exeを開く。
0.JPG

22.JPG
processing.exeを起動すると次のようになる。
image.png

(2)プログラム実行

サンプルを実行することができた。
日本語は文字化けするので、「ファイル>設定>エディタとコンソールのフォント>MSゴシック」に設定した。

プログラム

Processing

SampleProgram.pde
/*================================*
 *システム:パンプキンをスケッチ
 *ファイル:SampleProgram.pde
 *
 *-------------------------------
 *〔変更履歴〕
 *2022/05/04 Usatodo 新規作成
 *================================*/

size(640, 480);
background(255);//背景を白


//====================
//パンプキンをスケッチ
//====================

//====体パーツ====
noStroke();//輪郭線を無効に
fill(205,102,0);//ダークオレンジ3色に塗り潰す
ellipse(270,240,180,200);//円の作成
ellipse(370,240,180,200);//円の作成

fill(255,165,0);//オレンジ色に塗り潰す
ellipse(290,240,140,200);//円の作成
ellipse(350,240,140,200);//円の作成

fill(0,255,0);//緑に塗りつぶす
triangle(320,160,320+12,115,320-12,115);

fill(255,127,0);//ダークオレンジ1色に塗り潰す
ellipse(320,240,80,200);//円の作成

//====顔パーツ====
fill(0);//黒に塗りつぶす
//鼻
triangle(320,230,320+15,260,320-15,260);
//左目
triangle(260,205,260+22,260-15,260-22,260-15);
//右目
triangle(380,205,380+22,260-15,380-22,260-15);
//口
arc(320,280,160,80,0,radians(180));

//前歯
fill(255,127,0);//ダークオレンジ1色に塗り潰す
stroke(255,127,0);//線をダークオレンジ色
strokeWeight(8);//線の太さを変更
strokeJoin(ROUND);//丸い角
rect(320+12,280,10,10);
rect(320-22,280,10,10);

//奥歯
fill(255,165,0);//オレンジ色に塗り潰す
stroke(255,165,0);//線をオレンジ色
strokeWeight(8);//線の太さを変更
strokeJoin(BEVEL);//斜めの角
rect(320+50,280-5,10,10);
rect(320+30,280+30,10,10);
rect(320-60,280-5,10,10);
rect(320-40,280+30,10,10);

2.JPG

3.JPG

(3)Androidモードを追加

「Java▼」を押すと、「Manage Modes..」があるので選択する。
選択後、「Contribution Manager」が開く。
検索欄に「android」を入力し、「Android Mode for Processing 4 | This mode lets you us...」
を選択し、「↓Install」を押す。インストール完了すると、「Android」が追加される。
4.JPG
5.JPG
6.JPG

(4)Android側の準備

「設定>デバイス情報>ビルド番号」を何度もタップし、開発向けオプションを有効にする。
「設定>システム>開発向けオプション>デバッグ>USBデバッグ」をONにする。
AndroidをPCに接続する。「USBデバッグを許可しますか?」と出るので、
「□このパソコンからのUSBデバッグを常に許可する」にチェックを入れ、「OK」を選択する。
Processingを開いて画面上部の「Android>Devices>docomo SO-52B...」にチェックが入っていることを確認する。
Screenshot_20220504-171215.png
Screenshot_20220504-171153.png
画像1.png

(5)Androidの実機デバッグ

スケッチを書き、デバックを実行する。
「BUILD SUCCESSFUL」とでれば成功。
Android側の画面にプログラムが実行していることが分かる。

プログラム

Processing

SimpleTimerForAndroid.pde
/*================================*
 *システム:シンプルタイマーforAndroid
 *ファイル:SimpleTimerForAndroid.pde
 *
 *-------------------------------
 *〔変更履歴〕
 *2022/05/03 usatodo 新規作成
 *2022/05/04 usatodo 縦横比保持追加
 *================================*/
//Androidで画面をONにする
import android.os.PowerManager;
import android.os.PowerManager.WakeLock;
import android.content.Context; 

int screenState = 2;//画面の遷移状態【0:Start 1:Title 2:Main 3:Config 4:Demo】

WakeLock lock;
Context context ; 
@Override
public void onResume(){
    super.onResume();
    PowerManager pm = (PowerManager) getActivity().getSystemService(Context.POWER_SERVICE); 
    lock = pm.newWakeLock(PowerManager.PARTIAL_WAKE_LOCK,"My tag");
    lock.acquire();
}

@Override
public void onPause(){
    super.onPause();
    lock.release();
}
void setup() {
  setupMedia();//BGMや画像の読込み処理
}
void draw() {
  background(0,100,100);//背景を水色に塗る
  switch(screenState){
    case 0: startActivity(); break;
    case 1: titleActivity(); break;
    case 2: mainActivity(); break;
    case 3: configActivity(); break;
    case 4: demoActivity(); break;
    default : ;/*エラー処理を記述*/break;
  }
}
//スタート画面の処理
void startActivity(){
  background(0,100,100);//背景を水色に塗る
}
//タイトル画面の処理
void titleActivity(){ 
}
//デモ画面の処理
void demoActivity(){
}

7.JPG
Screenshot_20220504-162829.png
Screenshot_20220504-162747.png

8.JPG
ちなみに、今回のプログラムでは、「VIBRATE」と「WAKE_LOCK」のPermissionsにチェックを入れた。

今回チェックを入れる理由は2つある。
 ・「VIBRATE」は設定時刻になると振動する際に必要。
 ・「WAKE_LOCK」は、端末がスリープしても動き続けるバックグラウンド処理に必要。
なので、特に使用する理由がなければ、チェックを入れなくても問題ないと思う。

おわりに

Processingは導入コストが低く、アイデアを素早く形にできるのでとても使いやすいです。
今回、Android実機デバッグが、スムーズに実行できたので驚きました。
本記事について、最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
1
Help us understand the problem. What are the problem?