37
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

STM32CubeIDEを使ってみよう How To STM32CubeIDE 日本語版 Lチカ編

STM32を使用する環境としてSTM32CubeIDEのLチカまでを説明します。
(当初はSW4STMのHowToを書こうと思っていましたが、STM32CubeIDEがでたのでこちらに変更しました。)

なお、本内容は、YoutbeのHow to use STM32CubeIDEをもとに作成しています。
https://www.youtube.com/watch?v=eumKLXNlM0U

まずは、こちらからダウンロードしましょう
https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubeide.html
DL.jpg

次にインストールです。
1.jpg

2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg

起動します。
10.jpg
11.jpg
使用するディレクトリを設定しましょう。
12.jpg
Start New STM32 Projectをクリックします。
13.jpg
アクセス許可が出ることがあります。
13-1.jpg
14.jpg
15.jpg
ここから使用するボードを選択します。
今回は、CortexM4コアであるSTM32F401を搭載したNUCLEO-F401REを選択します。
Board Selector⇒Vender⇒Type⇒BoardList
16.jpg
次にプロジェクト名を設定します。
17.jpg
18-1.jpg
18-2.jpg
18-3.jpg
18-4.jpg
次へ次へと進むと今回のソースコードを生成してくれます。
左側のツリーの中にソースコードがあります。
今回は、Lチカをしてみましょう。
まずは、SRC⇒main.cをダブルクリックします。
20-1.jpg

次に、104行目に行きます。
ここに以下のコードを追加します。
20-0-0.jpg

 HAL_Delay(500);
 HAL_GPIO_TogglePin(LD2_GPIO_Port,LD2_Pin);

ではやってみましょう。
104行目でHALと打ち、キーボードのCtrlとスペースを押しましょう。
するとEclipseでコード補完をしてくれます。
HAL_Delay(Delay)を選びましょう。
20-0-1.jpg
Delayに入れるのは待ち時間です。
今回は、500と入れました。
行の最後に「;」を入れるのを忘れないでください。
;は補完してくれません。
20-0-3.jpg
次はHAL_Gあたりまで打ってCtrl+スペースを押します。
20-0-4.jpg
GPIOxはGPIOのポートをGPIO_PinはGPIOのピンを設定します。
今回はLD2_GPIO_Port,LD2_Pinになります。
20-0-6.jpg

正しく打てたらRUN⇒DEBUGを押します。
F11でも構いません。
初回時は以下のような確認が出ることがあります

20-0-9.jpg
20-0-10.jpg
20-0-11.jpg
20-6.jpg
ボードがつながっていないと、Errorになります。
21-2.jpg

ボードがつながっていて問題なくデバッグが完了し、ボードにファームウェアの転送が完了するとsuccessfullyと出ますので
矢印の再生ボタンを押します
21-0.jpg

すると、LEDがチカチカすると思います。
21-1.jpg

これで、Lチカができました。

アドインの追加等は、こちらのサイトさんもご覧ください。
https://yukblog.net/stm32cubeide-startup/
・プラグインの導入

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
37
Help us understand the problem. What are the problem?