Edited at

Qiita / esa.io / DocBase / GitHub Issues をアップローダの視点から徹底比較

More than 1 year has passed since last update.

作業手順を説明したGIF画像を共有するためにURLがほしかったので、手軽なアップローダを探そうとも思ったのですが、こちらの記事を思い出して GitHub Issue で済ませることができました。

そこで、アップローダとして情報共有サービスのエディタ画面を利用する場合、どのサービスがよいのでしょうか。

気になったので、小さなデータを作成して確認してみました。


アップロードできる拡張子一覧1

Qiita
esa.io
DocBase
GitHub Issue

jpg



png



gif



セル貼り付け
(Excel / Numbers)



pdf
×


ppt
×


×

pptx
×


xls
×


×

xlsx
×


doc
×


×

docx
×


exe
×


×

zip
×


psd
×


×

ai
×


×

mp3
×


×

mp4
×


×

mov
×


×

txt
×


html
×


×

css
×


×

js
×


×

ico
×


×

◎ : プレビュー画面に表示される

◯ : ブラウザで確認できる

△ : ダウンロードされる

× : アップロードできない


アップロードされるパス

次にアップロードされるパスです。

どのサービスも、画像とそれ以外で別のパスになっています2


Qiita

JPG/PNG/GIF/セル

https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/<数字1桁>/<数字4桁>/<ランダム36桁>.<拡張子>


esa.io

JPG/PNG/GIF/セル

https://img.esa.io/uploads/production/attachments/<数字4桁>/<年4桁>/<月2桁>/<日2桁>/<数字3桁>/<ランダム36桁>.<拡張子>

MP3/MP4/それ以外

https://esa-storage-tokyo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/production/attachments/<数字4桁>/<年4桁>/<月2桁>/<日2桁>/<数字3桁>/<ランダム36桁>.<拡張子>


DocBase

JPG/PNG/GIF/セル

https://image.docbase.io/uploads/<ランダム36桁>.<拡張子>

それ以外

https://docbase.io/file_attachments/<連番6桁?>


GitHub

JPG/PNG/GIF/セル

https://cloud.githubusercontent.com/assets/<数字7桁>/<数字8桁>/<ランダム36桁>.<拡張子>

それ以外

https://github.com/<所有者>/<リポジトリ名>/files/<数字6桁>/<ファイル名>.<拡張子>


感想


全般

注意点として、アップロードしたデータは基本的に削除することができません。

そのため URL は慎重に管理する必要があります。

DocBase は画像も資料もログインしているユーザしか閲覧することができないため、セキュアで、URLも短くなっています。

esa.io は DocBase と同様に『esaにログイン中のみ添付ファイルへのアクセスを可能にする』設定もあり、アップロードされたファイルの一覧画面からデータを削除することもできます。

エクセルのセルをコピーして貼り付けたところ、すべてのサービスで色情報を保持したままPNG画像に変換されました3クリップボードの画像を貼り付けることができました。

これも便利そうです。

paste_cell.gif


Qiita

qiita.png


  • 最大アップロードサイズ: 10MB

  • エラー時の文言: Cannot read property 'name' of undefined

ドキュメント共有というより、エンジニア向けのコード共有サービスと捉えればPDFのアップロードはできなくてもよいと思いました。

Qiita:Team も同様にPDFのアップロードができないため、PDFを共有する必要があれば、別に管理をする必要があります。


esa.io

esa.png


  • 最大アップロードサイズ: 5MB410MB (〜 50MB)5

  • エラー時の文言: File is too big (#.#MiB). Max filesize: 10MiB.

スライダー機能も早くから実装されていたほど、機能は随時追加されています。

mp3, mp4 がプレビューで再生できるのも驚きました。

最近はUML記法にも対応したようです。

※追記: 記事を書きました。

esa.ioで簡単に図を書きたい(UML記法) - Qiita

html, css, js, ico, 画像 をブラウザで確認することができるので、頑張れば静的サイトの運用ができそうです。笑

最大アップロードサイズでよくPDFが引っかかってしまう6のですが、それを除けば4一番使いやすいサービスです。


DocBase

docbase.png


  • 最大アップロードサイズ: 10MB (画像) / 100MB (ファイル)

  • エラー時の文言: Images of over 10 MB and files over 100 MB cannot be uploaded

グループ単位で記事を管理するのがとても快適そうです。

GUI もすっきりまとまっており、エンジニアではない方も落ち着いて記事が書けると思います。

プレビューに表示されるアイコンがかわいい。

docbaseicons.png


GitHub

github.png


  • 最大アップロードサイズ: 10MB

  • エラー時の文言: Yowza, that’s a big file. Choose Files Try again with a file smaller than 10MB.

GitHub は PDF のファイル名を変更せずにアップロードできるため、ダウンロードをして再度利用する場合には便利です。その他のサービスではランダムなファイル名になってしまうので。

Issues はドキュメント共有ではなく課題管理のため、Wiki と合わせてプロジェクトを進めていきましょう。


おわりに

最終的にはアップローダどうこうは関係なくなってしまいました。

話を戻しますと、Qiita は対応拡張子が少なく、DocBase はログインしているユーザしか閲覧することができない。

GitHub は対応拡張子とアップロードするリポジトリに注意しなければならないので、アップローダとしてはデータの個別削除もできる esa.io を利用しましょう!

こちらからは以上です。





  1. 2016年10月26日現在 



  2. 私がアップロードを試したときに確認したパスですので、リージョンや数字の桁数は変わるかもしれません 



  3. @kimama1997 さんコメントありがとう! 



  4. 最大アップロードサイズの変更をしていただき(?)ました! 



  5. 添付ファイル設定によって上下します 



  6. そのおかげで プレビューを利用したPDFの圧縮方法 を覚えました