Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

CppUTestでコマンドラインオプションを指定して実行

More than 5 years have passed since last update.

CppUTestのRunAllTests()に渡すコマンドラインオプションでいろいろ指定できる。

RunAllTest.cpp
int main(void)
{
   const char *argv[] = { "", "-v", "-r3" };
   return CommandLineTestRunner::RunAllTests( 3, argv);
}

-v:実行したそれぞれのテストの名称を出力する。

-r#:指定した回数だけテストを実行する。メモリリークをテストするときなどに便利。

-g:文字列で指定したグループのテストのみを実行する。

-gTargetTestGroup

※テストグループはひとつしか選べない模様。複数指定した場合は最後の指定が実行される。

-gNoRunningTestGroup -gRunningTestGroup

-n:文字列で指定した名前のテストが実行される。異なるグループに同名のテストがあった場合、それら全てが実行される。

特定のテストグループ内の特定のテストを絞りこみで実行することもできる。

-gHogeGroup -nFugaTest

-ojunitJUnit antプラグインスタイルのXMLファイルで実行結果が出力される。
出力場所はソースと同じ場所?(VS2010)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away