Posted at

CppUTestでコマンドラインオプションを指定して実行

More than 5 years have passed since last update.

CppUTestのRunAllTests()に渡すコマンドラインオプションでいろいろ指定できる。


RunAllTest.cpp

int main(void)

{
const char *argv[] = { "", "-v", "-r3" };
return CommandLineTestRunner::RunAllTests( 3, argv);
}

-v:実行したそれぞれのテストの名称を出力する。

-r#:指定した回数だけテストを実行する。メモリリークをテストするときなどに便利。

-g:文字列で指定したグループのテストのみを実行する。

-gTargetTestGroup

※テストグループはひとつしか選べない模様。複数指定した場合は最後の指定が実行される。

-gNoRunningTestGroup -gRunningTestGroup

-n:文字列で指定した名前のテストが実行される。異なるグループに同名のテストがあった場合、それら全てが実行される。

特定のテストグループ内の特定のテストを絞りこみで実行することもできる。

-gHogeGroup -nFugaTest

-ojunitJUnit antプラグインスタイルのXMLファイルで実行結果が出力される。

出力場所はソースと同じ場所?(VS2010)