Help us understand the problem. What is going on with this article?

window.matchMedia は超便利な件

More than 1 year has passed since last update.

レスポンシブデザインのサイトを構築していく中で、「この横幅の時はこうで、それ以上はこう・・・」なんて場面があると思います。

それがJavaScriptを利用してスライダーを使用していた場合、
・767px以下の時はスライダーは解除する。
・それ以上の場合はスライダーが動く

なんてのを今までは

$(window).on('resize', function(){
    var myWindowWidth = $(window).width();
    if(myWindowWidth < 767){
       hoge();
    }else{
       hogehoge();
    }
});

なんてやってましたが、リサイズするたびイベントが行われるのでスライダーの挙動を制御しきれない場面がありました。
他にもTimerを利用したりとしていましたが綺麗では無い。

そこでこれ。「window.matchMedia」です。
とある点(ブレイクポイント)を通過したときのみ、イベントが発火します。
例えば定番ライブラリ「slick」を利用した場合、上記の動きを実現させるには

$(document).ready(function(){
  $([selector]).slick();   //とりあえず一回起動
  if(window.matchMedia("(max-width:767px)").matches){
      // 読み込みが完了したときに、767px以下の場合に行いたい処理
      $([selector]).slick('unslick');   //スライダー解除
  }else{
      // 読み込みが完了したときに、767px以上の場合に行いたい処理
  }
  function matchFunc(){
      if(window.matchMedia("(max-width:766px)").matches){
        // windowサイズを変更して、766px以下になったら行うイベント
        $([selector]).slick('unslick');   //スライダー解除
      }
      if(window.matchMedia("(min-width:767px)").matches){
        // windowサイズを変更して、767px以上になったら行うイベント
        $([selector]).slick();   //スライダー起動
      }
  }
  window.matchMedia("(max-width:767px)").addListener(matchFunc);
});

とこんな感じです。
スッキリとして見栄えもいいです。

us_pk
会社で、主にフロントエンドの仕事をしています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした