Mac、CygwinターミナルへのSolarized導入記

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

デフォルトではコントラストのキツいMacとCygwinのターミナルにSolarizedを適用してみました。
目に優しい開発環境へ。

参考にさせていただいたサイト

Mac Terminal のカラー設定をSolarized にする
minttyにカラースキームを適用する

Mac Terminal (Mountain Lion) の場合

Mountain Lionのターミナル.app向けのSolarizedテーマをgitレポジトリからクローンします。

$ git clone https://github.com/tomislav/osx-terminal.app-colors-solarized

あとはターミナルに適用するだけ。

  1. ⌘,で環境設定を開く
  2. 設定タブを開く
  3. プロファイル欄下のボタンを選択し、読み込む
  4. Solarized Dark.terminalもしくはSolarized Light.terminalのどちらかを選択。必要ならばデフォルトにしておく。

これだけでVimは綺麗になると思います多分。
以前インストールしたNeoBundleで本家のものをインストールしても思ったカラーリングにならずに遠回りしましたが、Mountain Lionのターミナルではターミナル設定を変更するのが一番なのでしょうか。

しかし、lsのカラープロファイルが少し寂しいのでこちらも参考サイト様を参考にして変更します。

まずはSolarized用lsカラープロファイルをgitレポジトリからクローンします。

$ git clone https://github.com/seebi/dircolors-solarized.git

カラープロファイル変更可能なglsを使えるようにするため、coreutilsを入れます。今回はMacPortsで入れました。

$ sudo port install coreutils

~/.bash_profileを編集します。
やることは、lsのエイリアス指定(glsを使うように)と、gdircolorsコマンドのSolarized用カラープロファイルの設定。

~/.bash_profile
alias ls='/opt/local/bin/gls --color=auto'
eval $(gdircolors <置き場所>/dircolors.ansi-dark)

$source ~/.bash_profileで反映したら完了です。

Cygwinの場合

会社ではCygwinごしにVimを利用しています。
Cygwin環境の場合、Cygwinのターミナルエミュレータであるところのmintty向けに提供されているSolarizedを適用してターミナル環境ごとSoralize化します。

$ git clone https://github.com/mavnn/mintty-colors-solarized

以下を.bash_profileに追記します。

~/.bash_profile
source ~/path.to.repository/sol.dark

$ source ~/.bash_profileで反映したら完了です。