Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google日本語入力:かな入力の工夫

Google日本語入力でかな入力する時に困りごとと解決法

Google日本語入力に限ったことかどうかは、他のIMEをほとんど使っていなないのでわからないが、かな入力をしていると時々不便なことにぶつかる。それをどうやって回避しようかというお話です。

もっとよいソリューションがあれば改訂しますが、とりあえずリリース。

1.漢数字が面倒:入力切り替えのキーバインドで!

縦書き原稿を書いていると、数字の表記で悩むことがある。全角数字は間抜けに見えるし、半角数字は横向きになる。

「縦横中」という機能があれば2桁数字を立ててくれるが、それ以外の数字は横向きになる。

いっそ漢数字にしてしまうほうが見栄えがいい。

しかし、たとえば「二〇一九年」と打ちたいとき、ローマ字入力だと普通に数字を打って変換すれば漢数字になる。しかし、かな入力では数字は直接打てない。

全角英数字や半角英数字には、かなで打ってから、Ctrl+pやCtrl+tで変換できる(後述)。
  例:かなで「ふわぬよ」 → Ctrl+p → 「2019」
しかし、**そこから漢数字には変換してくれない。

Googleのケチケチケチ。

数字から漢数字に一発変換するには、半角でも全角でもいいから、直接数字を入力する必要がある。かな入力ではそれができないから、入力前に「英数字入力」か「全角英数字入力」に切り替えなくてはならない。

そこで、キーバインド設定の登場だ。例えばおいらの場合。

入力文字なし:Ctrl+Henkan:全角英数字に入力切替え
入力文字なし:Shift+Henkan:ひらがなに入力切替え

と登録する。こうすると、漢数字を打ちたい場所で、

Ctrl+Henkan → 「2019」 → 変換 → 「二〇一九」 → Shift+Henkan

となる。ローマ字入力に比べて二手間余分にかかるが、自分が覚えやすい、操作しやすいキーバインドを設定することで、入力効率は向上するはずだ。

2.英数字への最速変換:ショートカットキーで!

かな入力は英数字を入力する時が面倒だ。たとえば、

「CRTは英語でCasode Ray Tubeの略です」

という文を入力するとしよう。「CRT」は全角、「Casode...」は半角だ。
これを正直にやるとすれば、

全角英数入力切替え → 「CRT」 → ひらがな入力切替え
 → 「は英語で」 → 英数入力切替え/IME無効化 → 「Casode....」
   → ひらがな入力切替え/IME有効化 → 「の略です」

と、かなりの手間だ。これが、ショートカットキーを使うと入力方法を切り替える必要がなくなる。

  • Ctrl+t:半角英数に変換
  • Ctrl+p:全角英数に変換
  • Ctrl+i:カタカナに変換

この3つのキーバインドを覚よう。上の入力はこうなる(確定作業は省いている)。

Shift+「そすか」 → Ctrl+P
  → 「は英語で」 → 「Shift+そちとらしい」 → Ctrl+t
  → Shift+Space → 「Shiftp+すちん」 → Ctrl+t
  → Shift+Space → 「Shiftp+かなこい」 → Ctrl+t → 「の略です」

要するに、入力したかなに対し,漢字変換する代わりにCtrl+t/Ctrl+pで半角英数変換/全角英数変換するということ。

以下、注意点だ。

  • 変換したい英数字の大文字/小文字に見合ったキー入力が必要。
    • 大文字の"C"を出したいなら、「Shift+そ」
  • 長い英文だと、全角入力のままでは半角空白(Shift+Space)が面倒。
    • 英単語が続なら、IME OFFにするほうが手っ取り早い。

◆Ctrl+i のカタカナ変換も意外と便利だ。

「コレをココにブッ挿してクれクれタこラ」みたいに、文の一部がカタカナの時には自然な変換はしてくれない。明示的に入力するときにはカタカナ変換キーが便利だ。

手順は2通り可能だ。
1. 変換したい単語だけ入力してCrtl+i
2. 混在入力し、変換してから文節を調整してその部分だけCtrl+i

おいらは確実な方がいいので、1.を使っている。

※Ctrl+iを間違えていたので修正しました(2020/04/02)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした