Help us understand the problem. What is going on with this article?

Photonに接続する

はじめに

この記事は参考記事のほぼ丸パクリです。アウトプットになります。

Photonとは

マルチプレイ用のサーバーで、インターネットを通してサーバーに接続します。
今回はUnityで行います。

Photonのユーザー登録からAppID取得までの流れ

1.下記のリンクからユーザー登録を行ってください。
https://dashboard.photonengine.com/ja-JP/account/SignUp

2.新しくアプリを作成するを押す
image.png

3.必須項目を入力して作成するを押す(Photonの種別はPhoton Realtime)
image.png

4.アプリケーションIDが取得されたのでコピーする。
image.png

Photon Unity Networking 無料版の操作手順

1.Photon Unity Networking 無料版をインストール&インポート
image.png

※PUN 2では以降の手順ができません。

2.AppIDを入れてSetup Projectボタンを押す
image.png

成功するとDoneの文字が出るので、出たはCloseを押して閉じる。

3.PhotoServerSettingsで黄色の設定にする
image.png

スクリプト作成と実行

以下のスクリプトを入れる。これは参考サイトのほぼ引用になります。

public class NetWork_01 : MonoBehaviour {

    void Start() {
        // Photonに接続する(引数でゲームのバージョンを指定できる)
        PhotonNetwork.ConnectUsingSettings(null);
    }

    // ロビーに入ると呼ばれる
    void OnJoinedLobby() {
        Debug.Log("ロビーに入りました。");

        // ルームに入室する
        PhotonNetwork.JoinRandomRoom();
    }

    // ルームに入室すると呼ばれる
    void OnJoinedRoom() {
        Debug.Log("ルームへ入室しました。");
    }

    // ルームの入室に失敗すると呼ばれる
    void OnPhotonRandomJoinFailed() {
        Debug.Log("ルームの入室に失敗しました。");

        // ルームがないと入室に失敗するため、その時は自分で作る
        // 引数でルーム名を指定できる
        PhotonNetwork.CreateRoom("myRoomName");
    }
}

このスクリプトをヒエラキーのオブジェクトにアタッチして再生ボタンを押してみる。

コンソールで以下の表示が出れば成功
image.png

おわりに

Photonの参考サイトはいくつかあるが、違うソフトをインポートしてしまったが為にそれなりに時間がかかた。Pun2の設定項目はPhoton Unity Networkingとかなり似ている。公式はPUN 2を推奨しているようなので、使う機会があれば是非ためしておきたい。

参考サイト

TechPin:https://tech.pjin.jp/blog/2016/07/20/unity_pun_1/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away