Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
16
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 5 years have passed since last update.

@uri

LaTeX文書中に絵文字的なもの(Font-Awesome)を取り入れる

絵文字(:rocket::ghost:など)をLaTeX文書の中に取り入れたいという願望があり、あれこれ方法を探したり試行錯誤してみたという苦労話。
結論は、現段階では絵文字を使うことはかなり難しいということ。しかしその代わりに、絵文字ほどカラフルではないが、フォントアイコンなどを使ってLaTeX文書のおしゃれ感を増すことは比較的簡単にできます。

というわけで試行錯誤の記録とFont-Awesomeを取り入れておしゃれ感を増す方法を書きます。

coloremojiパッケージによる絵文字の実装

2つあってややこしいのですが、coloremojiパッケージを使って絵文字を表示させることが可能です。

coloremojiパッケージを使うことで、一応絵文字を使うことができます。ただし絵文字として扱っているのではなく、あくまでも画像として扱われている点に注意。

参考) TeXで絵文字を入出力する (2) 〜 カラー絵文字篇 - TeX Alchemist Online

もうひとつのcoloremojiパッケージ

参考) Emoji in LaTeX documents « Alec's Web Log

LaTeX + Font-Awesome

XeLaTeX, LuaLaTeXに対応。フォントの種類も多く、おすすめです

必要なもの

基本的な構造

\FaThumbsUpのように\Fa + icon名を定義すれば対応するFont-Awesomeのフォントが出力される。

\documentclass[11pt]{report}
\usepackage{fontspec, fontawesome} % パッケージの読み込み

\begin{document}

\faFlag Font-Awesome

\faRocket \faTwitter \faCopy

\end{document}

↓完成品
test1502_pdf.png

fontawesomeパッケージにない新しいフォントを表示させる

さて、少し困ったことにfontawesomeパッケージで定義されているフォントは本家のものと比べると種類少ないです。というわけで新しく定義してより好みのフォントを表示させます。

いつものようにプリアンブルに

\providecommand\faSlideshare{{\FA\symbol{"F1E7}}}

とし、フォントを表示させたい位置で

\faSlideshare

とします。上の例ではSlideshareのアイコンを表示します。\symbol{"F1E7}の部分を好みのものと変えて、fontawesomeのフォントに対応できます。

Tips

  • 色をつける... \textcolor{cyan}{\faTwitter}
  • 文字と組み合わせる(CSS的な処理)... \Huge{\faCalendarEmpty}\textcolor{red}{{\Large{\hspace{-7mm}23}}}
  • 回転.... \rotatebox{90}\faPlay(三角形がないので再生マークを回転させて代用)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
16
Help us understand the problem. What is going on with this article?