uml
plantuml
ライフハック

コンビニ精算RTAをUMLのシーケンス図で書いてみる

コンビニ精算RTAをUMLのシーケンス図で書いてみる

目的

  • UMLの記述の練習をする
  • 物事のモデル化をする、考える

注目した点

  • 客⇔店員、店員⇔レジでタスクが分かれる
  • 店員⇔レジのタスクが行われている間、客が次の準備をすることが出来る
  • 精算には、品物のスキャン→ポイントカードのスキャン→精算の順序がある

完成したシーケンス図

シーケンス図.png

UML(PlantUML/VSCodeを利用)

@startuml
title シーケンス図
客 -> 店員: 品物を渡す
店員 --> レジ: 品物をスキャン
客 -> 店員: ポイントカードを渡す
店員 --> レジ: ポイントカードをスキャン
レジ --> 店員: ポイントカードを戻す
店員 -> 客: ポイントカードを受け取る
レジ -> 店員: 品物をレジ袋に入れる
客 --> 店員: 「支払いICカードで」
店員 --> レジ: ICカードの支払いに設定
店員 -> 客: レジ袋を受け取る
客 --> レジ: ICカードをタッチ
レジ --> 客: ICカード精算完了
店員 -> レジ: 精算完了ボタンを押す
レジ -> 店員: レシートを印刷
店員 -> 客: レシートを渡す
@enduml

実践してみた結果

  • こちらの作業が終わって手持ち無沙汰になることもある
  • 現金の場合もモデル図にしたい
  • セルフレジではどうか
  • ポイントカード、ICカードを置くだけのレジとかあっても良いかもしれない