Python
matplotlib
colaboratory

Colaboratoryでmatplotlibの日本語表示

はじめに

Googleが機械学習の教育や研究用に提供しているColaboratoryを試してみた。
即座にjupyter環境が使えていい感じだったが、matplotlibで日本語を使うのに少し詰まったのでメモ。

Colaboratory - よくある質問

日本語フォントをインストール

Colaboratoryはapt-getが使えるのでセルに

!apt-get -y install fonts-ipafont-gothic

などと打ち込み実行。

キャッシュを消す

フォントキャッシュの場所を確認

import matplotlib
matplotlib.get_cachedir()

を実行すると

'/root/.cache/matplotlib'

などとかえってくる。
ここにあるfontList.jsonというのがフォントのキャッシュなので

rm /root/.cache/matplotlib/fontList.json

などとして一旦消す。

ランタイムをリスタート

一度ランタイムをリスタートする。

再度描画

import matplotlib.pyplot as plt

jp_font = {'fontname':'IPAGothic'}

plt.plot([0, 1], [0, 1])
plt.xlabel('横軸', **jp_font)
plt.ylabel('縦軸', **jp_font)
plt.title('タイトル', **jp_font)
plt.show()

や、seabornを使って

import matplotlib.pyplot as plt
import seaborn as sns
sns.set(font='IPAGothic')

plt.plot([0, 1], [0, 1])
plt.xlabel('横軸')
plt.ylabel('縦軸')
plt.title('タイトル')
plt.show()

といった感じで試しに描画してみると

image.png

日本語が使える。

参考