Help us understand the problem. What is going on with this article?

Boot CampでGoogle 日本語入力を使うときに設定すべきことは1つだけある

More than 3 years have passed since last update.

Google 日本語入力 Windows 版 build 2410

と書いたもののだいぶと前からある話だったはず。なのでBoot Campでコーディングは気が引けてました。


まず標題に違和感を覚える方がいるかもしれません。以下2つの手法があると思います。

  1. eisuu入力するときにサジェストされるのを活用して単語の文字補完      //初期設定
  2. eisuu入力するときはIMEの機能から抜けだしてキー配列通りの文字を入力する //カスタマイズ

[1.]が好みの方は話は以上です。 [2.]の各位は以下をどうぞ

[1.]だとコーディングするときいちいちサジェスト表示された挙句入力を確定するのに
わざわざenterキー(returnキー)押す必要があり無駄

以上より[2.]の手法を実践することにしました。



今回の環境はMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015):JIS配列且つWindows 10です。
各位仕様に合わせて読み替えていただければと思います。

・1. capsキーで半角・全角の切り替えをすることになると思いますが[1.]のようになります。
・2. タスクバー上にあるGoogle 日本語入力のアイコン左隣の文字を右クリックすると
   機能一覧が表示されプロパティを選ぶ事ができます。
・3. プロパティを選びまして[ 一般タブ ]のキー設定:キー設定の選択から[ 編集 ]をクリックしまして下の方

---------------------------------------------------------------
    モード    |  入力キー  |     コマンド     |
---------------------------------------------------------------
入力文字なし     |Eisu      |英数入力切り替え      |

これを

---------------------------------------------------------------
    モード    |  入力キー  |     コマンド     |
---------------------------------------------------------------
入力文字なし     |Eisu      |IMEを無効化        |

に変えてください。
・4. 最後に今一度、タスクバー上にあるGoogle 日本語入力のアイコン左隣の文字を左クリックしてください。
・5. お疲れ様です。

Boot Campでも快適にコーディングできます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away