Ruby
Rails

Rails Tutorial 4章メモ

●4.3 配列と範囲演算子

・文字列⇒配列変換

文字列.split(区切り文字)
※区切り文字のデフォルトはスペース

・配列の要素にアクセス

a[数字]
a[-1]で最後の要素
a.first,a.second,a.third.....

・配列に対するメソッド

要素が含まれているか?

⇒a.include?(要素)

要素をソート

⇒a.sort

並びを逆に

⇒a.reverse

並びをシャッフル

⇒a.shuffle
※a.shuffle[0..7]にするとシャッフルしてから冒頭の8文字のみ返す

配列に対するメソッドをa自身に適用したい場合(破壊的メソッド)

⇒a.sort!

・要素を配列に追加

a.push(要素)
a << 要素

・範囲オブジェクトを返す

(0..9).to_a

繰り返し処理

数値の繰り返し

範囲オブジェクト.each |i| do
-繰り返す式
end

繰り返す回数を指定する場合

数字.times{繰り返す式}

文字列等、範囲オブジェクトの各要素に対して適用する繰り返し

[A B C].map{|char| char.downcase}
⇒["a","b","c"]

ハッシュとシンボル

ハッシュの定義

user = {} #空のハッシュ
user["first_name"] = "Michael" #first_nameをキーに、値がMichael
user["last_name"] = "Hartl" #last_nameをキーにHartlが値

シンボルを使ったまとめた定義

h2 = { name: "Michael Hartl", email: "michael@example.com" }