IPv6
フレッツ

ER-XでフレッツIPv6 PPPoE(ひかり電話)

More than 1 year has passed since last update.

ひかり電話有りフレッツIPv6 PPPoE接続環境下で、HGW配下のER-XからIPv6プレフィクスを配布する設定について記述します。

環境

  • ハードウェア: ER-X
  • ファームウェア: v1.9.1.1

接続は以下の通りです。

[HGW] → eth0 [ER-X] switch0 → [クライアント]

手順

1. DHCPv6-PDクライアント設定

HGWにIPv6 PPPoEの設定を行うと、NGNより/56のIPv6プレフィクスが配布されます。
HGWはそれを16個に分け、/60のプレフィクスとして、DHCPv6-PDを用いて配布します。
まず、これを受け取るために、ER-XにDHCPv6-PDクライアントの設定を行います。

edit interfaces ethernet eth0
set ipv6 address autoconf
set dhcpv6-pd prefix-only
set dhcpv6-pd pd 0 prefix-length /60
set dhcpv6-pd pd 0 interface switch0 host-address ::1
set dhcpv6-pd pd 0 interface switch0 prefix-id :0
set dhcpv6-pd pd 0 interface switch0 service dhcpv6-stateless
exit

prefix-onlyは、DHCPv6-PDのみを使用し、DHCPv6によるアドレスの取得を抑圧する指定です。
autoconfは、eth0でRAを受信させ、ルーティングを
prefix-lengthには、HGWが払い出すプレフィクスの長さを指定します。
host-addressには、switch0のインターフェイスIDを指定します。
prefix-idには、switch0のサブネットIDを指定します。
dhcpv6-statelessは、後述するRA配布において、DHCPv6-liteによるDNS設定の配布を有効にする設定です。

2. RA配布設定

edit interfaces switch switch0
set ipv6 router-advert send-advert true
set ipv6 router-advert other-config-flag true
set ipv6 router-advert prefix ::/64
exit

send-advertを指定すると、RA配布デーモンであるradvdが起動します。
other-config-flagは、DHCPv6-liteによるDNS設定の配布を有効にします。
prefixは、/64のプレフィクスを配布することをradvdへ指示します。

どうもEdgeMAXのDHCPv6-PD周りは不安定らしく、再起動が必要な場合があります。

以上の設定により、ER-X配下のクライアントにIPv6プレフィクスが配布され、IPv6でインターネットに接続できるようになります。