Help us understand the problem. What is going on with this article?

scratch3.0とmicro:bitの接続方法

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

次のような環境での、一番シンプルな接続方法を紹介します!

Scratch:【Scratch 3.0 beta版】
microbit:【micro:bit】

以下の環境でなければ、動作しないことがあるため、ご注意ください。
- Windows: Windows 10+
- Mac: macOS 10.13+

他の記事も上がっていますが、情報が錯綜しているため、現状で自分がうまく言った方法を紹介します。特に、現状として、https://llk.github.io/scratch-gui/microbit/が File not foundになってしまっていると思います。

手順①:Scratch Linkのダウンロード

Mac : https://downloads.scratch.mit.edu/link/mac.zip
Windows : https://downloads.scratch.mit.edu/link/windows.zip

以上の圧縮ファイルをダウンロードできたら、解凍して、 scratch-link-1.1.11.pkgのようなpkgファイルからインストールします。

インストールした後、アプリケーションの中に次のようなScratch Linkというアプリを起動します。

手順②:micro:bitの環境構築

  1. 以下のscratch-microbit-1.0.hex.zipというファイルをダウンロードします。
    リンク:https://downloads.scratch.mit.edu/microbit/scratch-microbit-1.0.hex.zip

  2. 圧縮ファイルを解凍します。

  3. 接続したmicro:bitにファイルを移動(コピー)します。

手順③:scratch 3.0との接続(環境構築できている人はここから)

  1. まず【Scratch 3.0 beta版】を起動します。

  2. 左下の「拡張機能を追加する」ボタンからmicro:bitを追加します。

  3. micro:bitを選択します。
    Screen Shot 2018-12-21 at 12.50.59.png

  4. 以下のようにデバイスを探索し、接続します。
    Screen Shot 2018-12-21 at 16.22.53.png

終わりに

scratch3.0からmicro:bitと連携しやすくなったため、今後がすごい楽しみですね。
僕なりのmicro:bitを使ったアイデアをまとめたいと思います。

  • micro:bitをコントローラにして遊ぶ
  • 遠距離からmicro:bitでメッセージや合図を送る
  • micro:bitで温度をはかり、scratchに表示する
  • micro:bitでリズムを刻む音ゲーム
umi_mori
リサーチャー x フリーランスエンジニア。 研究では、リハビリを題材としてヒトの学習に対して、脳波とMRIでデータ分析。 #脳科学 #研究 #フリーランス #エンジニア #人工知能 #AI #機械学習 #慶應 #リハビリ #教育 #障害
https://www.umi-mori.jp
ai-lab
ai-labというデータサイエンス系のクラウド研究室です! ai-labという情報プラットフォームへ投稿したり、slackで議論をしたりしています。
https://www.ai-lab.app/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした