Help us understand the problem. What is going on with this article?

Slackがチーム開発に適している10個の理由【Slack】

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

色々な企画でSlackでのチーム開発を経験してきた僕が個人的に考える「Slackがチーム開発に適している理由」についてまとめました。

また、Slackの優れた機能を理解することで開発を効率的に進めることができるため、その特徴を理解することもまた大切だと考えます。

>>「Slack」について
slack.png

「ビジネスを前進させるコラボレーションの拠点」 (Slackより)
URL:Slack

Slackを使うメリット

  1. チャンネルという概念
  2. 高度な検索機能
  3. 拡張機能(App)の存在
  4. オンラインの判別
  5. ハイライト / ピン留めアイテム機能 / 共有されたファイル
  6. ポスト機能
  7. スニペット機能
  8. 簡易的なMarkdown機能
  9. スタンプ / スレッド開始機能
  10. 指定の日付に移動

1. チャンネルという概念

チャンネルは、用途別にグループを分けられるという点で優れています。
例えば、あるプロジェクトにおいて、全体連絡用 / エンジニア用 / 雑談用 にそれぞれのスレッドを作りたい時などに便利な概念になります。
また、generalrandomは、初期的に搭載されていて、それぞれ次のような目的を持っています。

general:「このチャンネルはワークスペース全体のコミュニケーションと社内アナウンス用です。全メンバーがこのチャンネルに参加しています。」(Slackより引用)

random:「仕事に関係ないペチャクチャ、ワイワイ、ざわざわといったチャンネルは、仕事に関係したチャンネルとは別にしておいたほうがいいです。」(Slackより引用)

>>チャンネルの例
スクリーンショット 2018-10-23 11.18.09.png

2. 高度な検索機能

特筆すべきメリットはやはり高度な検索機能だと思います。
検索ボックスで検索すると、高度検索へ移動します。
スクリーンショット 2018-10-23 11.27.53.png

高度な検索機能は、以下のように / チャンネル&DM / ファイルタイプ / 対象期間 / 対象範囲でフィルタをかけることができます。

ファイルタイプは、メッセージではなくファイルで検索すると出てきます。

スクリーンショット 2018-10-23 11.33.40.png

3. 拡張機能(App)の存在

Slackでは、外部のアプリの機能を拡張することができます。
例えば、Google DriveTwitterDropboxOnedriveGithubGoogle CalendarWurstnoteなどがあります。

>>拡張機能の例
スクリーンショット 2018-10-23 11.49.05.png

4. オンラインの判別

今すぐ連絡をして、返信が来るかどうかを確認することができます。

スクリーンショット 2018-10-23 14.19.48.png

5. ハイライト / ピン留めアイテム機能 / 共有されたファイル

スレッドの会話やファイルがたくさん溜まった時に、効率よく必要なアイテムやファイルを探索する際にとても便利です。

>>ハイライトなどの例
スクリーンショット 2018-10-23 9.42.18.png

6. ポスト機能

ポスト機能も便利な機能の一つです。

スクリーンショット 2018-10-23 14.27.20.png
>>ポストの例
スクリーンショット 2018-10-23 15.39.44.png

7. スニペット機能

コーディングを簡単に共有できるスニペット機能もプログラマーには便利な機能です。
シンタックスハイライトさせたい言語の選択もすることができます。

>>スニペットの例
スクリーンショット 2018-10-23 15.43.49.png

8. 簡易的なMarkdown機能

簡易的なMarkdown機能によって、簡易的なフォントを表現できます。

スクリーンショット 2018-10-23 15.46.36.png

具体的には、次の三つが利用可能です。

sampleMD.md
*太字*
`コード`
```書式書式済み```
>引用

以上のコードでメッセージとして送信すると次のように表示されます。
スクリーンショット 2018-10-23 15.54.45.png

9. スタンプ / スレッド開始機能

いわゆるいいね機能のようなスタンプ機能をそれぞれの発言につけることができます。
発言の右側のリアクションするというボタンからスタンプを選ぶことができます。
スクリーンショット 2018-10-23 16.56.20.png
スクリーンショット 2018-10-23 16.56.43.png

また、ある発言に対して、そこから独立したスレッドを作成することもできます。
発言の右側のスレッドを開始するというボタンからスレッドを作ることができます。
スクリーンショット 2018-10-23 16.56.57.png
スクリーンショット 2018-10-23 16.57.06.png

10. 指定の日付に移動

長い期間のプロジェクトだと過去の会話を探索したい時があり、そんな時に便利です。
スクリーンショット 2018-10-23 10.14.04.png
指定の日付に移動数をクリックすると、次のようなカレンダーが出てきます。
スクリーンショット 2018-10-23 15.59.24.png

デメリット

  • 慣れるまで少し時間がかかる
    他のサービスとシステムが異なるため、慣れるまで大変という話を周りから時々聞きます。

  • markdown機能が全て備わっていない
    #による見出し、---による水平線などの機能は使えません。

Tips

サイドバーのデザイン変更機能

環境設定<サイドバーから選ぶことができます。
色覚多様性の方にも対応していて、素晴らしいですね。
スクリーンショット 2018-10-23 17.15.09.png

キーボードショートカット

右上の三点リーダーを押すと、キーボードショートカットを選択できるようになります。
スクリーンショット 2018-10-23 16.13.30.png

おわりに

個人的な見解なため、この他の視点の意見もありましたら、ぜひコメントお願いしますm(_ _)m

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした