Help us understand the problem. What is going on with this article?

Slack のユーザー名は unique ではない

(この記事は私の blog の http://umezawa.dyndns.info/wordpress/?p=7354 の転載です)

今 Slack API と格闘している間に気が付いて驚いたのでせっかくだから投稿するんですが、 Slack のユーザー名( @ の後ろの文字列)は同一ワークスペース内ですら unique ではない(重複が許される)んですね。(昔は unique だったぽい)

slack-nonunique-username.png

上は自分用ワークスペースでユーザーは自分しかいないので bot と重複させてます。別のパブリックなワークスペースで他人と重複させてみましたが、これまた何も言われません。(どうかと思ったのでスクショはやめておきます)

ユーザー名を渡すとユーザーID(こちらはホントに unique な文字列)を返す API がなくて、それをやりたかったら全ユーザーのリストを取って自分で検索しろと書いてあるのが不思議だったのですが、そういうことなんですね(ていうかこのページに unique ではないって書いてあった)。せめて該当するユーザーをリストで返してくれるAPIでもあればレスポンスが短くていいんですが。

umezawatakeshi
AVX-512 が実装されたパフォーマンスデスクトップ向けプロセッサを待ち続けて早幾年月
http://umezawa.dyndns.info/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした