Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub の Web UI で PR をマージした時のコミットのメタデータ(あるいは失敗談)

(この記事は私の blog の http://umezawa.dyndns.info/wordpress/?p=7363 の転載です)

GitHub の Web UI で PR をマージした時のコミットの Author や Commit がどうなるかという話です。PR のマージ以外にも GitHub 上でコミットを生成する方法は他にもあったはずですが、おそらく同じことになると思います。

結論から言うと、

Author の名前の部分
Public profile の Name に指定したもの。
Author のメールアドレスの部分
Public profile の Public email に指定したもの…のはず。これを空にしている場合、 GitHubのID@users.noreply.github.com になる。
Commit の名前の部分
GitHub
Commit のメールアドレスの部分
noreply@github.com

になります。

で、 Author の名前の部分なんですが、 Name に漢字を入れているとそのまま Author に入ってきます。結果として、例えばマージコミット https://github.com/umezawatakeshi/test/commit/a84e701930d1e4c737173bd76b7da6b80c9e38bb を見ると以下のようになってしまいます。

$ git show --pretty=fuller
commit a84e701930d1e4c737173bd76b7da6b80c9e38bb
Merge: d45a835 f62c178
Author:     梅澤威志 / UMEZAWA Takeshi <umezawatakeshi@users.noreply.github.com>
AuthorDate: Sun Oct 6 23:51:32 2019 +0900
Commit:     GitHub <noreply@github.com>
CommitDate: Sun Oct 6 23:51:32 2019 +0900

    Merge pull request #4 from umezawatakeshi/hoge-branch

    うんたらかんたら

ここに漢字が入ってくるのはちょっとなぁ…と思ったので、 Name をアルファベット表記だけに変更しました。

なお、Git はやろうと思えば後からいくらでも履歴を修正できますが、 GitHub の PR のマージコミットを修正してしまうと GitHub 側の PR と不整合が起きてしまうため、既にリポジトリに入ってしまったマージコミットを修正するのはあきらめました。

umezawatakeshi
AVX-512 が実装されたパフォーマンスデスクトップ向けプロセッサを待ち続けて早幾年月
http://umezawa.dyndns.info/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした