Help us understand the problem. What is going on with this article?

Trello使ってみた

More than 5 years have passed since last update.

使用環境および初期設定

  • Chrome
  • Chrome Web StoreからPlus for Trello入れる
  • ショートカットキーを覚える
  • Board毎にPower Upsを設定
  • Trelloのタブを固定する(Ctrl+1などで素早くアクセスする)
  • Chromeより通知を受け取る

Plus for Trelloセットアップ

  • Chrome Web StoreからPlus for Trello入れる
  • Plus for Trello Help(上にある?マーク)からGoogle syncのClick to setup syncをclick
  • Spreadsheetをセットアップする

Notificationのセットアップ

  • 右上の鐘マークからAllow Desktop Notificationsを設定

Notificationをすぐに行うようにする

  • 右上の鐘マークからChange Notification Email Frequency
  • PeriodicallyからInstantlyに変更する

使い方

リスト(候補)

  • To Do
  • Doing 実施中タスク
  • In Review レビュー中のタスク
  • Done 完了タスク
  • Docs ドキュメント類
  • Waiting 待ちタスク
  • Bug Reports
  • Upcoming 近日中にやるかもタスク
  • Someday いつかやるタスク

主な流れ

  1. カードを作成し、タイトルを入れる(N、入力後Shift+Enter)
  2. カードの詳細を表示し[E]にざっくりした見積(1時間で1)を入れる
  3. 担当を割り当てる(a)、自分を割り当てる場合は(spaceキー)
  4. カード(タスク)にとりかかる カードをDoingに移す(>)
  5. 詳細情報があれば、descriptionに入れる
  6. checklistを場合によって使用する
  7. カードタスク完了時、[S]に実績を入れて、Doneに(>)

※()内は主にショートカットキー

ABC

  • Plus for TrelloではE=SとしてR(残り掛かりそうな時間)=0とするのが重要、追加があったら見積も追加する
  • E>Sだと、まだ作業が残っているとみなされる
  • Eはマイナス値も入力できるので、早く終わったら-で減算して=にする

参考

その他Chromeウェブストアからのインストールしたもの

umeyee
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした