LoginSignup
3
4

【SQL】入社年度で学ぶ BETWEEN /SQLマスターへの道

Last updated at Posted at 2023-09-13

導入

先日、Drupalにて「同期の一覧」をViewsで作成しました。

入社年が完全一致であるならば、MySQLのWHERE句で、=で指定すればいいだけですよね。

SELECT *
FROM `user`
WHERE `user`.`join_date` = `2021`;

ただ、今回は入社年度で絞り込みを行う必要がありました。
そこで、SQLのWHERE句で期間指定を行うことができるBETWEEN演算子を習得しましたので、備忘録として残させていただきます。

コード例

SELECT *
FROM `user`
WHERE "user"."join_date" BETWEEN '2021-04-01' AND '2022-03-31';

解説

解説するまでもないかもですが一応...

BETWEENは、特定の範囲内のデータを抽出するのに非常に便利です。
上記のクエリでは、'2021-04-01'から'2022-03-31'までの期間に入社したユーザーを選択しています。
この方法を使用することで、特定の期間に入社したユーザーを簡単に特定できます。
もちろん、ID等の単なる数字での範囲指定も可能です。

まとめ

本記事ではSQLに限った解説をしましたが、Drupalでどう実装したかについても別で書こうと思います。
そちらも楽しみにしてください。

3
4
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3
4