Edited at

PWA 入門 〜iOS SafariでPWAを体験するまで〜 2019年7月更新


What's PWA ?

Progressive Web Apps (プログレッシブ ウェブ アップス)の略

Googleが推進している、モバイルユーザーの体験(UX)向上を目的とするプロジェクト・技術のこと

PWAは、わざわざApple StoreやGoogle Play Storeからインストールする必要はありません

不安定なネットワークでも迅速に起動し、関連性の高いプッシュ通知を送信することができます。

ホーム画面にアイコンを表示することができ、トップレベルの全画面表示で読み込むことができます。

▼このように、Webサイトを直接ホームに追加することでアプリケーション化されます


導入事例

大手WEBサイトからで導入がはじまりつつあります

コンバージョンアップにも効果的です

trivagoInstagramTwitterLightsuumo楽天レシピ

👉 平均PV65%増、ツイート数75%増🔺

👉 直帰率20%削減⤵︎

👉 コンバージョン39%増🔺

👉 PVが3.1倍に増加🔺

👉 1ヶ月後にプッシュ通知を受け取ったユーザーの訪問数が5.3倍に増加🔺

👉 ページの読み込み時間が75%削減⤵︎

👉 コンバージョン76%増🔺


Can I use PWA?

Android Chromeはすでに対応済み

iOSは11.3から対応

Edgeもすでに対応


PWA対応させてみる

この3つだけ


  1. HTTPS対応

  2. manifest.json設置

  3. Service Workerを有効にする


1. HTTPS対応

SSL証明書の購入が必要で、6千円〜数万円/年程度。

ただし、無料でSSL証明書を発行できる Let's Encrypt というものもあり、

さくらサーバーやロリポップと連携してお手軽にHTTPS化できるようになってきています

今回は、割愛するためにすでにHTTPS化されている、Github Pages(github.io)を使います

Github.com にログインし

あなたのユーザーネーム.github.io

という名前のリポジトリを作り、index.html を master branch に push しましょう

<!-- index.html -->

<html>
<head>
<title>github pages test</title>
</head>
<body>
<h1>github pages test</h1>
</body>
</html>

https://あなたのユーザーネーム.github.io

にアクセスして、「github pages test」と表示されていたらOKです

httpsでアクセス出来ていることに注目してください


2. manifest.json設置

index.htmlと同じ階層に manifest.json を作成しましょう

▼manifest.json

{

"name": "PWA Sample",
"short_name": "PWA",
"background_color": "#fc980c",
"icons": [{
"src": "./icon-256.png",
"sizes": "256x256",
"type": "image/png"
},{
"src": "./icon-192.png",
"sizes": "192x192",
"type": "image/png"
}],
"start_url": "./?utm_source=homescreen",
"display": "standalone"
}

ここで指定するホームスクリーン用アイコンもindex.htmlと同じ階層に配置しましょう

今回はサイズの違う2種類です

https://umamichi.github.io/pwa-sample/icon-256.png

https://umamichi.github.io/pwa-sample/icon-192.png

Googleによると、192x192のpngアイコンが登録されていないと、

ホーム画面に追加バナーが表示されないので注意しましょう(バナーはAndroidのみ)

▼ 起動時のURLです。PWAとしてアクセスしたことが分かるように、URLにクエリを付与しています

ここで使用している値は、Google Analytics において意味があるというメリットもあります

  "start_url": "./?utm_source=homescreen",

▼ display タイプを standalone に設定すると、ウェブアプリでブラウザの UI を非表示にすることができます

つまり全画面表示にすることができます

  "display": "standalone"


3. Service Workerを有効にする

Service Workerは、オフライン体験をサポートするために重要です

index.htmlと同じ階層に配置しましょう

// service-worker.js

self.addEventListener('install', function(e) {
console.log('[ServiceWorker] Install');
});

self.addEventListener('activate', function(e) {
console.log('[ServiceWorker] Activate');
});

// 現状では、この処理を書かないとService Workerが有効と判定されないようです
self.addEventListener('fetch', function(event) {});


4. index.html から manifest.json service-worker.js を呼び出す

index.htmlをこのように変更しましょう

さらに、オフラインでアプリケーションが動作することを明確にするために

2種の画像と p.html も追加してみましょう

<!-- index.html -->

<html>
<head>
<!-- manifest.jsonを呼び出しています -->
<link rel="manifest" href="./manifest.json">
<script>
// service workerが有効なら、service-worker.js を登録します
if ('serviceWorker' in navigator) {
navigator.serviceWorker.register('./service-worker.js').then(function() { console.log('Service Worker Registered'); });
}
</script>
<title>Hello PWA.</title>
<style>
body {
text-align:center;
font-size: 40px;
vertical-align: middle;
}
.image {
width: 80%;
margin: auto;
display: block;
}
</style>
</head>
<body>
<h1>Hello PWA.</h1>
<img src="./pwa-logo.svg" alt="PWA logo" class="image" />
<a href="p.html">p.html</a>
</body>
</html>

<!-- p.html -->

<html>
<head>
<title>Hello PWA. p.html</title>
<style>
body {
text-align:center;
font-size: 40px;
vertical-align: middle;
}
.image {
width: 80%;
margin: auto;
display: block;
}
</style>
</head>
<body>
<h1>p.html</h1>
<img src="./p-chan.jpg" alt="p-chan" class="image" />
<a href="index.html">index.html</a>
</body>
</html>

すべて、index.htmlと同じ、ルートディレクトリに配置するだけです

あとは、master branch に push しましょう

https://あなたのユーザーネーム.github.io

にアクセスして、このようなページ になればOKです👌


5. PC版Chromeで確認する

PC版Chromeで以下にアクセスし、Developerツールを開きましょう

https://あなたのユーザーネーム.github.io

PWA check

[Application] パネル -> [Manifest] タブから

Add to homescreen をクリックしましょう

chrome://apps にアクセスしてみてください。Webページが、PWAとして追加されたはずです

Mac Chromeでは下記ディレクトリに .app として追加されます

~/Applications/Chrome Apps.localized/PWA Sample.app


6. Androidで確認する

Androidでアクセスすると、ホームスクリーンに追加を促すポップが出現します

ちなみに、Googleによると、出現には以下の条件があります

※ 2回以上のアクセスがあり、そのアクセスに 5 分以上の間隔がある。

ホームスクリーンに追加できたら、起動してみましょう

トップレベルの全画面表示でWebページが表示されたはずです


7. iOS SafariでPWAを体験する

Appleによると、iOS11.3からPWAをサポートします

iOSではホームスクリーンに追加バナーなど、まだ未実装の部分もありますが

このようにPWAとして起動することが確認できます👇

機内モード、つまりオフラインでも動作していることに注目してください


PWAとネイティブアプリの比較

PWA
ネイティブアプリ

速度
遅め
早い

インストール
ブラウザからワンタップ
Storeから検索が必要

開発コスト

リリースのタイミング
developerの任意のタイミング
Store申請&ユーザーが手動で行う

オフラインで動作

ハードウェアアクセス

Push通知
○(Androidのみ)

iOS, Android
ワンソースで完結
OSごとに開発が必要

全画面

PWAの大きなメリットの一つとして、インストールとStore申請の手間が省かれることがあります

また、1ソースで複数のプラットフォームに対応でき、開発コストが少なくて済みます

リリースのタイミングも開発者の任意のタイミングで良いです

ユーザーはわざわざStoreからアップデートをする必要がありません


⚡️iOS PWA vs Android PWA vs Native⚡️

iOS PWA
Android PWA
ネイティブ

Push通知
×

Web App Banner(インストールを促すバナー)
×

-

場所情報


センサー情報(磁力、加速度、ジャイロスコープ)


スピーチ(読み上げ)

?

カメラ


Payment Request APIを使ってApplePayの起動

-

オフライン時のデータ容量を50MB以上保持できるか
×

ユーザーがアプリを数週間以上使わなくてもデータ保持する
×

Bluetoothアクセス
×

音声認識との連携
×

画面回転のロック
×

シリアル, ビーコン, TouchID, Face ID, ARKit, 高度計, バッテリー情報
×
?

Splash screen(PWA起動画面)のカスマイズ
×

-

インストール時にアイコンの名前を変えることができる

×
-

アプリ内課金
×

連絡先やバックグラウンド位置情報などのプライベートなデータへのアクセス
×
×

アイコンのバッジ(未読があるときにアイコン右上に表示される数字)
×
?

画面左からスワイプで戻る(iOSが対応した模様)
💮
未調査

注目すべき点として


  • Push通知とWeb App BannerはiOS PWAでは未実装


  • Android PWAの方ができることがかなり多く、iOSと差異がある


  • ハードアクセス, Push通知を必要としないアプリであればiOSでもPWAで実現可能


  • iOS PWAでは、戻るボタンをつけないとスワイプでは戻れない


 → 2019年7月現在、 iOS 対応した模様。つまり、戻るボタンは必要なし


まとめ&今後


  • 徐々にネイティブアプリからPWAへの移行が始まる


  • ユーザーにとっても、PWA体験はネイティブアプリより好まれる


  • ゲームなどの高度なグラフィック処理・大量の計算処理、ネイティブでしか実現できないのみ、ネイティブアプリとして存続



(余談1)metaタグ "apple-mobile-web-app-capable" との違いは?

iOS Safariではmetaタグに以下を追加することによって、

ホーム画面から起動したときに全画面表示にして、ネイティブアプリのように見せかけることができる

<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes">

さらに以下を追加することで、 ステータスバーの色も変えられる

<meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black">

これとPWAの違いは何か?

iOS PWA
apple-mobile-web-app-capable

オフラインで動作

×

全画面

オフラインで動作できるかどうか、が違います

また、このmetaタグはAndroidでは有効になりません

PWAでこのタグを使うことでiOSのステータスバーをカスタマイズすることが可能です


(余談2)そもそもホーム画面に追加する必要があるのか?

最近のiOSではホーム画面にアイコンがなくても、ネイティブアプリやウェブサイトにすぐにアクセスできるようになってきています(Siriからの提案等)

すぐにアクセス出来てしまえば、ホーム画面に追加しようが、ネイティブであろうが、ブラウザであろうが、ユーザーにとっては関係がないことです

つまりPWAにおける「ホーム画面に追加できる」 という機能自体はあくまで付加価値であって、

最終的にはスマーホフォンのブラウザでたいていのこと(全画面表示やPUSH通知=Web Notifications)が実現できるWEBアプリケーション、に向かっていくのでは・・?(予想)


参考

https://qiita.com/j16a/items/d3f7f7c3bb283bb20f23

https://developers.google.com/web/fundamentals/app-install-banners/?hl=ja

https://qiita.com/moroya/items/0dfab2aff52d3373ce39

https://medium.com/@takeshiamano/ios%E3%81%AE11-3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AEpwa%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%A7%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8-313f638a172b