Posted at

EngineYard Cloudで カスタマイズしたメンテナンス画面を表示する

More than 5 years have passed since last update.

503 でカスタムページ表示


1. カスタムメンテナンスのhtmlファイルを作って置く


置き場所

{Rails.root}/public/maintenance.html



2. git commit & deploy


コマンド

# git コミット

$git commit -am 'added custom maintenance'
# デプロイ
$ey deploy


3. メンテナンスに入れてみる


コマンド

# メンテナンスに

$ey web disable

# ブラウザでページを開いて確認
$ey launch

# メンテナンスを開ける
$ey web enable



  • Nginxのログにはアクセスが来るが、Railsのログにはアクセスはちゃんと来ない


複数のメンテナンスページに対応

以下のように表示の優先順位がある。

Defaultのメンテナンスを用意しておいて、緊急メンテンナンスはそれをCopyして作り変えるなど便利。


  1. public/maintenance.html.custom

  2. public/maintenance.html.tmp

  3. public/maintenance.html

  4. public/system/maintenance.html.default


参考

https://support.cloud.engineyard.com/entries/21016428-Using-Application-Maintenance-Pages