Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pythonでimportできない!

More than 5 years have passed since last update.

そんな人いませんか?
それは僕です。

例えば、こういう場合。

main.py
from ClassA import *

if __name__ == "__main__":
    ClassA()
ClassA.py
from ClassB import ClassB

class ClassA(object):

    VALUE = 'value'

    def __init__(self):
        ClassB()
        print('class a')
ClassB.py
from ClassA import ClassA

class ClassB(object):

    def __init__(self):
        print(ClassA.VALUE)

main.pyを実行すると、こんなエラーでます。

error
Traceback (most recent call last):
  File "main.py", line 3, in <module>
    from ClassA import *
  File "/Users/MS/Desktop/test/ClassA.py", line 3, in <module>
    from ClassB import ClassB
  File "/Users/MS/Desktop/test/ClassB.py", line 3, in <module>
    from ClassA import ClassA
ImportError: cannot import name 'ClassA'

最初は、importがループしてるからエラーでてるのかと思ってましたけど、ちょっと違うみたいです。
循環インポートとは」に細かく書かれてますけど、ClassAがimportされてる最中に、再度ClassAをimportしようとするとImportErrorとなるようです。
上記の例だと、ClassAがimport中にClassBをimportしようとし、更にその中でClassAの変数を呼び出していますが、ClassAはimportの途中なので不完全な状態です。
しかし、import文が処理された時点でimport済として管理されてしまっているので、ClassBでClassAの再importは行われず、importが完了しているという体で処理を進めようとしてエラーになっているようです。

ふむー、importがループしているという単純なエラーかと思いきや、意外に奥が深かった・・・。

ukisoft
まったり developer です。python と js を使うことが多いです。
rymansat
普段は宇宙開発に関わっていないサラリーマンが身近で誰でもできる宇宙開発を実現させることがリーマンサット・プロジェクト(Ryman Sat Project=rsp.)の目的です。キューブサットの開発をはじめ、宇宙を軸として様々なコミュニティやクリエイターとコラボレーションし、民間宇宙開発に関するネットワークを強化、拡張することを目指して活動しています。
https://www.rymansat.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした