Help us understand the problem. What is going on with this article?

peco で Docker container ID を選択するやつ。

More than 1 year has passed since last update.

いつもの Docker container を peco で選択するやつです。

demo

必要なもの

  • docker
  • peco
  • bash or nyagos (キーバインドを設定して呼び出す)

使い方

bash または nyagos のキーバインドで呼び出すことを想定している。
私はCtrl + dで呼び出すように設定している。

docker exec -it [ここでおもむろに Ctrl + d]

あとはpecoでcontainerを選択し、続く引数を入力していけば良い。

準備

キーバインドで呼び出せるようにするまでの準備方法

1. インストール

ここからバイナリを落とす。
docker-selector/releases

対応したバイナリが無くてgolangが入ってればこちらを。

$ go get -u github.com/ujiro99/docker-selector

2. キーバインドの設定

bashまたはnyagosでの設定例。
これを.bashrc.nyagosに書くとCtrl + dで呼び出せる。

  • bash
peco-docker-selector() {
    local l=$(\docker-selector -a)
    READLINE_LINE="${READLINE_LINE:0:$READLINE_POINT}${l}${READLINE_LINE:$READLINE_POINT}"
    READLINE_POINT=$(($READLINE_POINT + ${#l}))
}
bind -x '"\C-d": peco-docker-selector'
  • nyagos
nyagos.bindkey("C_D", function(this)
    local result = nyagos.eval('docker-selector.exe -a')
    this:call("CLEAR_SCREEN")
    return result
end)

背景

pecoでDockerを使いやすくする取り組みは過去にも色々あった。

fzfにも存在する。

だけど、いずれもbashやzshを使うことを前提としており、nyagosユーザの私には使えなかった。MinGW bashへの移行やLuaスクリプトで書くことも考えたが、それなら初めからクロスプラットフォームで使えるようにしておこうと思い、golangで書いたのであった。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした