Edited at

UNIX系OSのディレクトリ構造表(CentOS 7.3)

More than 1 year has passed since last update.


UNIX系OSのディレクトリ構造について

UNIX系OSは、「Filesystem Hierarchy Standard(FHS, ファイルシステム階層標準)」というファイルシステムの階層標準が定められていて、それに則ってディレクトリの構造が決められています。

そのため、UNIX系OSはどれもディレクトリ構造が似ています。


CentOS7.3のディレクトリ構造表

ディレクトリ名
読み方(全称)
概要

/
ルートディレクトリ
一番上の階層。全てのファイルとディレクトリは / の下に格納される

/bin
ビン(binaries)
一般ユーザー向けの基本コマンド群(cat, cp, ls など)

/boot
ブート(boot loader)
システムの起動に必要なファイル群(カーネル, 初期RAMディスク など)

/dev
デブ(device)
基本デバイスファイル群(cpu, disk など)。UNIXではデバイスをファイルとして扱う

/etc
エトセ(et cetera)
システム全体に関わる設定ファイル群

/etc/opt
エトセ スラ オプト

/opt/ の設定ファイル群

/home
ホーム
一般ユーザーのホームディレクトリ群。ホームディレクトリとしてユーザー名のディレクトリが格納され、その中にはユーザー単位の設定ファイルやセーブデータなどを保存する

/lib
リブ(library)

/bin//sbin/ にある基本コマンドの実行に必要なライブラリ群

/lib64
リブ64
64bitの場合は /lib でなくこちらのディレクトリが使用される

/media
メディア
リムーバブル媒体(CD-ROM, DVD-ROM など)のマウントポイント

/mnt
マウント(mount)
ファイルシステム(fstab など)の一時的なマウントポイント

/opt
オプト(option)
アプリケーションソフトウェアパッケージのインストール先。パッケージ管理ツール以外でインストールしたディレクトリ構造になっているアプリケーションの格納先に適している

/proc
プロック(process)
プロセス情報群。プロセスIDが付いたディレクトリが格納される

/root
ルート
rootユーザーのホームディレクトリ

/run
ラン
実行時の可変データ群。再起動時に消去される

/sbin
エスビン(system binaries)
rootユーザー向けのシステム管理コマンド群(ip, shutdown, reboot など)

/srv
エスアールブイ(served)
システムによって提供されたサイト固有のデータ群。FTPやWWWでユーザー用のディレクトリとして使用される

/sys
シス(system)
ドライバ関連のプロセス情報群。 /proc が膨大になるのを防ぐために分けられている

/tmp
テンプ(temporary files)
一時ファイル群。再起動時に消去される

/usr
ユーザー(User Services and Routines)
全ユーザーが使用するアプリケーションソフトウェアやライブラリ群

/usr/bin
ユーザー スラ ビン
一般ユーザー向けの基本でないコマンド群(perl, openssl など)

/usr/etc
ユーザー スラ エトセ
あまり使用されない。通常は /etc が使用される

/usr/include
ユーザー スラ インクルード
C言語のヘッダーファイル(*.h)群

/usr/lib
ユーザー スラ リブ

/usr/bin//usr/sbin/ にある基本コマンドの実行に必要なライブラリ群

/usr/lib64
ユーザー スラ リブ64
64bitの場合は /usr/lib でなくこちらのディレクトリが使用される

/usr/libexec
ユーザー スラ リブエグゼク(library execute)
コマンドから内部的に呼ばれる補助コマンド群(postfix用の補助コマンド など)

/usr/local
ユーザー スラ ローカル
ホスト固有のローカルデータ群。サブディレクトリに bin etc include lib lib64 libexec sbin share src が存在する

/usr/local/bin
ユーザー スラ ローカル スラ ビン
ソースコードをビルドするなど、パッケージ管理ツール以外でインストールした単一ファイルのアプリケーションの格納先に適している

/usr/local/src
ユーザー スラ ローカル スラ ソース
手動でビルドするソースコードの格納先に適している

/usr/sbin
ユーザー スラ エスビン
rootユーザー向けの基本でないコマンド群

/usr/share
ユーザー スラ シェア(shared)
アーキテクチャ(OS など)に依存しない共有ファイル群。具体的にはドキュメントやマニュアル(man)、各アプリケーションソフトウェアで使用するデータベースなどが保存される

/usr/src
ユーザー スラ ソース(source code)
ソースコード群(カーネルのソースコードとそのヘッダーファイル群 など)

/usr/tmp
ユーザー スラ テンプ

/usr の一時ファイル群。通常、 /tmp にシンボリックリンクが貼られている

/var
バー(variable)
可変ファイル群。ログやキャッシュなど、内容が常に変化するファイル群が格納される。インストールしたパッケージによっては /var 直下にディレクトリが作成されることがある

/var/cache
バー スラ キャッシュ
アプリケーションのキャッシュファイル群

/var/crash
バー スラ クラッシュ
クラッシュ時のダンプデータ群。クラッシュの原因を究明するために使用する

/var/db
バー スラ ディービー(database)
アプリケーションのデータベース群

/var/empty
バー スラ エンプティ
SSHで使用される

/var/lib
バー スラ リブ
アプリケーションの実行により動的に生成された状態情報群

/var/local
バー スラ ローカル

/usr/local の可変ファイル群

/var/lock
バー スラ ロック
ロックファイル群。排他制御を行う場合に使用する

/var/log
バー スラ ログ
ログファイル群。様々なログが存在する

/var/mail
バー スラ メール
各ユーザーのメールボックス

/var/opt
バー スラ オプト

/opt/ の可変ファイル群

/var/run
バー スラ ラン
非推奨になったため /run のシンボリックリンクが貼られている

/var/spool
バー スラ スプール
処理待ちのスプールファイル群(印刷待ちデータ、送信待ちメールデータ など)

/var/tmp
バー スラ テンプ
一時ファイル群。 /tmp と異なり再起動時に消去されない


参考リンク