Posted at

私が今までに読んだ技術本を簡単に紹介する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

プログラマーやSEとして成長したく、2017年から技術本を読むようになりました。

Web上で評判のいい本を選択して読んだからか、どれも非常に勉強になるものばかりでした。

まだ数冊しか読めていないですが、簡単に紹介します。


技術本の紹介


リーダブルコード

★★★

基本的なプログラミングの作法を紹介している本。

プログラマーなら絶対に読むべき一冊。

変数の命名やコメントの書き方など、どんな言語にも適用できる内容となっている。

文体もラフで非常に読みやすい。

O'Reilly Japan - リーダブルコード


UNIXという考え方

★★★

UNIXの設計思想について書かれた本。

2001年発行だが、今読んでも全く色褪せない名書。どんなシステムにも応用できる。

面白くてページ数も少ないので、一気に読み進めること間違いなし。

UNIXという考え方 | コンピュータ・一般書,UNIX,UNIX | Ohmsha


Team Geek Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

★★★

Googleに所属している2人が様々なプロジェクトを経験して学んだ、開発チームでの人との関わり方について紹介している本。

チームで製品を開発している人は必ず読むべき1冊。

リーダー、メンバーのどちらが見ても意味のある内容になっている。

HRT(謙虚、尊敬、信頼)が大事!

O'Reilly Japan - Team Geek


エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計(Quickly)

★★★

「ドメイン駆動設計(Domain-Driven Design, DDD)」という設計技法についての本。

設計についての考え方が素晴らしく、個人的には一番読んでほしい技術本。ただ、内容が難しい。自分も理解していない部分があるので一緒に議論したい。

Quickly版が無料で読めるので、まずはこちらを読むのがいい。

Domain Driven Design(ドメイン駆動設計) Quickly 日本語版


Clean Code

★★

コードをきれいにするための作法を学べる。 [リーダブルコード] を面白いと感じた人はこちらもハマるはず。

後半はJavaのコードを載せているだけなので読まなくていい。

Clean Code - アスキードワンゴ


ハッカーと画家

★★

ベンチャー企業で大きな成功を収めた男、ポール・グレアムが Web上で公開しているエッセイ を翻訳してまとめたもの。

システム開発で成功するためのノウハウを学べる。非常に際どいことが書いており、心に深く突き刺さる言葉が多い。

Lispというプログラミング言語の信者でもあり、読むとCommon Lispを触りたくなる。

各章ごとに独立した内容となっているので、つまらないと感じたら飛ばし読みすることもできる。

私の場合、「8章 スパムへの対策」はスパムメールフィルタの話で興味がなかったので飛ばした。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち | コンピュータ・一般書,プログラミング・開発,その他 | Ohmsha


SQLアンチパターン

★★

SQLの悪いパターン(アンチパターン)とその解決策を25つ紹介している本。

アンチパターンには「闇雲ショットガン」や「外部キー嫌い」など面白い名前が付いていてとっつきやすい。

SQLの設計技法についての最初の1冊におすすめ。

悪いパターンだけでも良いパターンだけでもなく、どちらも紹介しているのがいい。

O'Reilly Japan - SQLアンチパターン


プログラミング作法



C言語のプログラミング作法について紹介している本。

もちろん他言語にも流用できる内容はあるが、C言語ならではの知識が多い。普段C言語を扱っているなら ★★★ だが、オブジェクト指向の言語を扱っているなら [リーダブルコード] や [Clean Code] を読む方がためになる。

プログラミング作法 - アスキードワンゴ


おわりに

Scrapboxではもう少しだけ詳細に紹介しています。

https://scrapbox.io/uhooi-books/技術本

書評を書いたことがないのであまりわからないのですが、転載してはいけない情報がありましたら、すぐに削除するので教えていただければ幸いです。

本の画像を直接リンクで表示しているのですが、これも調べた限りでは大丈夫とのことでしたが、問題がありましたら教えていただきたいです。


参考リンク