Posted at

`FASTLANE_SESSION` 環境変数の生成方法


はじめに

CI/CDでiOSアプリをTestFlightへデプロイするのに必要なため、 FASTLANE_SESSION 環境変数を生成します。


環境


  • Fastlane:2.130.0


FASTLANE_SESSION 環境変数の生成

以下のコマンドを実行します。

$ fastlane spaceauth -u {Apple ID}

途中でパスワードや確認コードなどを聞かれるので、指示に従って入力してください。

成功すると FASTLANE_SESSION 環境変数が生成されます。

Successfully logged in to App Store Connect

---

Pass the following via the FASTLANE_SESSION environment variable:
{ `FASTLANE_SESSION` 環境変数}

Example:
export FASTLANE_SESSION='{ `FASTLANE_SESSION` 環境変数}'


おわりに

FASTLANE_SESSION 環境変数が生成できました。

これでCI/CDでiOSアプリをTestFlightへデプロイできます。


参考リンク