Posted at

rbenvのセットアップ&操作方法(Mac)


はじめに

Re:VIEWのセットアップでrbenvの利用を推奨していたため、導入することにしました。

https://github.com/TechBooster/C89-FirstStepReVIEW-v2/blob/develop/articles/setup.re


「rbenv」とは?

Rubyのバージョンを管理するツールです。

rbenvを使うことで、開発環境と本番環境や、他の人とRubyのバージョンを合わせることが容易になります。


環境


  • OS:macOS Mojave 10.14.3

  • rbenv:1.1.2


セットアップ


rbenvのインストール

Homebrewからインストールします。

$ brew install rbenv

~/.bash_profile に以下を追記し、パスを通します。


.bash_profile

export RBENV_ROOT="$HOME/.rbenv"

if [ -d "${RBENV_ROOT}" ]; then
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
fi

~/.bash_profile をリフレッシュし、 ~/.rbenv フォルダを作成して rbenv init を実行します。

$ source ~/.bash_profile

$ mkdir ~/.rbenv
$ rbenv init

~/.rbenv フォルダに「shims」と「versions」フォルダが作成されていればOKです。


rbenvのインストール確認

以下のコマンドを実行し、rbenvが正しく設定されていることを確認します。

$ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/master/bin/rbenv-doctor | bash

Checking for `rbenv' in PATH: /usr/local/bin/rbenv
Checking for rbenv shims in PATH: OK
Checking `rbenv install' support: /usr/local/bin/rbenv-install (ruby-build 20190423)
Counting installed Ruby versions: none
There aren't any Ruby versions installed under `/Users/{ユーザー名}/.rbenv/versions'.
You can install Ruby versions like so: rbenv install 2.2.4
Checking RubyGems settings: warning
Please remove `--user-install' flag from `/Users/{ユーザー名}/.gemrc'.
Auditing installed plugins: OK

私の場合、RubyGemsの設定で警告が出ていたので、指示通り ~/.gemrc から --user-install フラグを削除します。

(何か意味があって書いたのですが、忘れてしまいました…)


.gemrc

- gem: "--user-install"


~/.gemrc をリフレッシュし、再度実行して全てOKになることを確認します。

$ source ~/.gemrc


$ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/master/bin/rbenv-doctor | bash
Checking for `rbenv' in PATH: /usr/local/bin/rbenv
Checking for rbenv shims in PATH: OK
Checking `rbenv install' support: /usr/local/bin/rbenv-install (ruby-build 20190423)
Counting installed Ruby versions: none
There aren't any Ruby versions installed under `/Users/{ユーザー名}/.rbenv/versions'.
You can install Ruby versions like so: rbenv install 2.2.4
Checking RubyGems settings: OK
Auditing installed plugins: OK


操作方法


Rubyのインストール

以下のコマンドを実行し、任意のバージョンのRubyをインストールします。

# インストールできるRubyのバージョンを確認する

$ rbenv install -l
Available versions:
1.8.5-p52
1.8.5-p113

2.6.2
2.6.3
2.7.0-dev
2.7.0-preview1
jruby-1.5.6

# 最新版をインストールする
$ rbenv install 2.6.3


Rubyのバージョン切替

rbenv global コマンドでグローバルなRubyのバージョンを設定します。

$ rbenv global 2.6.3

rbenv local コマンドでローカル(カレントフォルダ以下のみ有効)なRubyのバージョンを設定することもできます。

$ rbenv local 2.6.3


Rubyのバージョン確認

rbenv versions コマンドでRubyのバージョンがインストールされ、切り替わっていることを確認します。

$ rbenv versions

system
* 2.6.3 (set by /Users/{ユーザー名}/.rbenv/version)

対象バージョンの先頭に「*」が付いていればバージョンが切り替わっています。


Bundlerのセットアップ

Gemのパッケージ管理ツールであるBundlerも併せてセットアップするといいです。

Bundlerのセットアップについては以下の記事をご参照ください。

https://qiita.com/uhooi/items/4abf8c282ae23a259e4f


おわりに

pyenvと操作方法が同じであり、導入しやすかったです。

これでRe:VIEWをセットアップできるので、執筆頑張るぞ:writing_hand:


参考リンク