Help us understand the problem. What is going on with this article?

CircleCI Jobの結果をSlackに通知する

More than 1 year has passed since last update.

やること

CircleCIのJobの結果を、皆さん大好きSlackに通知します。

Slack側の手順

デスクトップアプリのSlackを起動して、Appを選択します。
スクリーンショット 2018-12-01 18.06.06.png

CircleCIと検索して、インストールをクリックします。
スクリーンショット 2018-12-01 18.07.13.png

ブラウザが立ち上がるので、インストールをクリックします。
スクリーンショット 2018-12-01 18.10.53.png

新しいチャンネルを作成して、または既存のチャネルを選択して、"CircleCI インテグレーションの追加"をクリックします。
スクリーンショット 2018-12-01 18.12.46.png

簡単!!Slack側はこれで完了です。

CircleCI側の手順

Slack側の手順が終わりますと、CircleCI側の手順が表示されますので、書いてある通りに設定します。

CircleCI アカウントで、モニターしたいプロジェクトの横にある歯車をクリックします。
スクリーンショット 2018-12-01 18.20.11.png

左側のサイドバーの Notifications セクションのChat Notificationsをクリックします。リスト内の Slack を探し、ご自身のWebhook URL を追加します。終わったら Save ボタンを押します。
スクリーンショット 2018-12-01 18.23.09.png

テスト

それでは、Saveボタンの横にある、& Test Hook ボタンを押してみましょう!
以下のようなメッセージがSlackに来たら成功です。
スクリーンショット 2018-12-01 18.28.10.png

Job実行

準備が整いましたので、Jobを実行してみましょう。
失敗した時の例です。ちゃんとメッセージが届きます。
スクリーンショット 2018-12-01 18.31.37.png

成功した時の例です。こちらもちゃんとメッセージが届きます。
成功した時はメッセージいらないよー、という人は先ほど出てきたChatIntegrationの設定で"Fixed/Failed Only"をセットして下さい。
スクリーンショット 2018-12-01 18.36.54.png

まとめ

Slackとのインテグレーションはかなり便利ですね。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away