Help us understand the problem. What is going on with this article?

iMac 27inch (Late 2009) のSSD交換が思った以上に大変だった

目的

1年ほど前に、一度HDDを2.5inch SSDに交換したiMacですが、息子がプログラミング学習用に使うようになり、250MbyteのSSDでは手狭になってきたので、1TBのSSDに再交換しました。その際、思いのほかハマりました。前回交換した際は全く起こらなかったので、なぜ?と思うところも多々あるのですが、回避できたので忘れないうちにメモしておきます。

はまった状況

いろいろなサイトで示されているように、iMac 27inch (Late 2009)は簡単にディスクを交換できます(もちろん自己責任で)。

私自身、すでに1度交換済みなこともあり、この交換作業はサクサクと進みました。ちなみに、交換して新しくしたSSDはこれ。

そして、組み立てなおし、TimeMachine バックアップが入っている外付けHDDを接続して電源オーン。

あれ? もしかして、外付けHDDを最初から接続しちゃダメだったのかな? それならばと外して、もう一回電源オーン。

は? なんで? もうここまで来ると焦る焦る。何が悪いのかさっぱりわからず、そこから何度も開いて接続確認を繰り返すも、表示される画面は一向に変わらず。もうほとんど諦めていました。

解決方法

結局何が悪かったのか正確なことは判っていないのですが、結果から類推するに、復元用のmacOSユーティリティがどこにもないと言いたかったような気がします。だったら意味の通じないアイコン出してる場合じゃなく、普通にそう書いてくれよと思うのですが、どこにもそんな気配さえ表示されません。

実際にどのように回避したかというと、

取り出した以前まで使っていたSSD(HDD)を、USB HDDケース(あるいはHDDスタンド)等に挿してiMacにUSB接続し、iMac を command+R で起動する

で問題なく先に進めることができました。これが正しい理由は良く判りませんが、それまで使用していたSSDには macOSユーティリティが入っているということなんでしょうか? 待っていれば無事に以下の画面になります(その前に言語選択画面があります)。

同じことではまっている方って、いるかな? 自分が将来同じことをしてハマりそうな気もします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした