Jupyter
WSL

Windows Subsystems for Linux上のDebianでJupyter使うところまで

Windows Subsystem for LinuxはWindows上でLinuxバイナリの動作を可能とする互換レイヤーである。いままではVirtualBox使っていろいろやっていたのだけど、WSLを導入したところたいへん良い感じであった。ので、簡単な導入メモを残しておく。

dotfiles

インストール

Microssoft store からインストール。ダウンロードサイズは75M(Ubuntuだと195M)。
2018-03-18 (1).png

環境設定

ログインシェルをzshにする。Creators Update からはシェル変更できるようになっている。

chsh -s /bin/zsh [user]

タイムゾーン設定

sudo echo Asia/Tokyo > /etc/timezone
sudo dpkg-reconfigure --frontend noninteractive tzdata

日本語ロケールに変更

sudo echo "ja_JP.UTF-8 UTF-8" >> /etc/locale.gen
sudo locale-gen
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

jupyter

導入

sudo apt install python3-pip
sudo pip3 install --upgrade pip
sudo pip3 install jupyter

設定ファイル作成。

jupyter notebook --generate-config

c.NotebookApp.notebook_dir で起動ディレクトリを指定する。
ホームディレクトリ指定(~)が効かないので注意。

起動

jupyter notebook

描画系(pandas, numpy, scipy)

sudo pip3 install matplotlib
sudo pip3 install seabone

Meacb

sudo apt install mecab libmecab-dev mecab-ipadic-utf8
sudo pip3 install mecab-python3